SMAP「パラリンピック応援サポーター」だった この夏、東京でその姿見せて

拡大画像を見る

2016年末に解散したアイドルグループ「SMAP」。かつて、東京パラリンピックの応援サポーターを務めていたが、解散と同時にサポーターも解消になった。

しかし、今でも5人の再結成とサポーター復帰を願う声が後を絶たない。東京パラリンピックを前に、まさかの復活はあるか――。

SMAP5人が再結成し、応援サポーターに

SMAPは、2015年に日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)の応援サポーターに就任した。この頃まだグループの解散は発表されていなかった。5人は当初2020年に開催予定だった東京パラリンピックに向けて、五輪関連のイベントに出席するなど盛り上げていた。

グループ解散後は、2017年に元SMAPで「新しい地図」の稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人がスペシャルサポーターに就任した。18年、19年に行われた「パラ駅伝」では3人が応援に駆け付け、参加者にエールを贈った。現在もサポーターを継続しており、21年8月21日には、NHKスペシャル「TOKYO カラフルワールド ~香取慎吾のパラリンピック教室~」に香取さんが出演する。

3人の活動を応援するファンもいる一方、ツイッターには今も5人が揃うことを望む書き込みが続出している。東京オリンピックは21年7月23日から始まったが、パラリンピックはその約1か月後だ。ファンからは、切実な投稿が並ぶ。復帰をまだ諦めていない、パラリンピックの開会式で歌ってほしい、どうか東京五輪でSMAPの復活を――。

SMAPの「P」は、パラリンピックの「P」

SMAP自身もパラリンピックの応援にかける熱量は大きかったようだ。5人は解散前の2015年11月に東京都内で実施された「パラリンピック競技団体共同オフィスオープン発表会会見」に出席している。その際、中居さんは「これからはSMAPの『P』をパラリンピックの『P』にしていきたい」と口にしていた。

ファンは今でも中居さんのこの発言を覚えている。ツイッターには、SMAPのPがパラリンピックのPになると信じている、と期待する書き込みもある。SMAPはグループが継続していれば、21年9月9日でデビュー30周年だ。パラリンピックを復活の絶好の機会だと考える人もみられた。

東京パラリンピックは、2021年8月24日から9月5日に開催。開会式は24日の夜20時にスタート予定だ。演出の詳細は、現時点では明かされていない。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 7/27 20:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます