五輪をネットで「無料ライブ視聴」する方法

拡大画像を見る

 自宅待機中で家族と一緒にテレビを観戦できない人、そもそも家にテレビがない人、チケットは購入したけど無観客によるリモート観戦など、多様なライフスタイルや状況によりテレビで五輪を観戦できない人もいるだろう。そんな人にとって、ネットで五輪を観戦するのに打ってつけのサービスがある。しかも、違法動画や有料のVODなどではなく、無料でライブ視聴できる方法である。それが「gorin.jp」や「TVer(ティーバ―)」による視聴だ。

●gorin.jpで見る方法


 gorin.jpは、2008年の北京五輪からスタートした民放各局によるネットでの五輪公式動画サイトだ。民放各局が放送する全競技をライブ配信するサービスで無料。特徴は、まさに「五輪沼」にはまるほどの約2000時間のライブ配信という圧倒的なコンテンツ量の多さだ。
 地上波で放送される主要な種目は、放送と同様に日本語の実況と解説付きで楽しめるだけでなく、地上波で放送されない競技もライブ配信が楽しめるのだ。
 放送されない競技の場合、例えば、サーフィンなどは特に実況や解説があるわけでもなく、ベストな波を待つ選手の生の様子を見ることができる。少しシュールな映像かもしれないが、対象競技のファンにとってはたまらないだろう。
 もちろん、ライブだけでなく日本人選手の活躍を中心としたハイライト映像を後からチェックすることもできる。実際に視聴してみると、ライブやハイライト映像を選んだ時にPRが流れたり、競技が終わったときや選手の休憩時間などにPRが流れたりするが、競技の途中で突然に割り込んだりすることはなさそうだ。PCやスマートフォンなど様々なデバイスで楽しめる。
 スマホの場合、ホーム画面から「LIVE」などと表示されているほか、一番下にあるアイコンの中から「日程」を選択して、下の方にスクロールするとライブ配信中の競技にアプローチできる。

●TVerで見る方法


 もう一つのTVer(ティーバ―)は、民放各社が連携した公式テレビポータルサイト。通常は、番組放送終了から約7日間見放題の機能によって、ドラマを見逃したときなどに再生してチェックすることができる。このように、毎週約350番組を放送終了後に無料で視聴できるほか、スポーツのライブ配信などの実績もある。
 このTVerが、五輪期間中は民放で放送する全競技を日本語の実況と解説付きでライブ配信しているのだ。仕組みとしては、TVerの中に「TOKYO 2020」特設ページが開設してあり、そこに前述したgorin.jpとの連携したリンクが張られている。
 ただし、TVerの映像は通常はテレビでも視聴できるのだが、ライブ配信だけはPCやスマホ、タブレット端末のアプリのみとなっている。
 スマホで視聴する場合、アプリをダウンロードして生年月日や性別(選択なしでもOK)、郵便番号を入力する「アンケート」に応える。ホーム画面の「LIVE」だけでなく、特設バナーをタップすると一番下に表示されるアイコンの中から「放送・ライブ」を選択してアプローチする方法もある。
 緊急事態宣言中による感染対策が求められている中での五輪観戦は、テレビだけではなく、ネットもフル活用したリモート観戦で楽しもう。(BCN・細田 立圭志)

関連リンク

  • 7/27 19:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます