A.B.C-Z橋本良亮、自身は「ドS」痩せた理由は?「毎年…」<ピース>

【モデルプレス=2021/07/27】A.B.C-Zの橋本良亮が27日、都内にて開催された主演朗読劇『「ピース」-peace or piece?-』の囲み取材に、出演の篠井英介、上演台本・演出の鈴木勝秀とともに出席した。

同作は、全体主義的政治が市民を支配する近未来が舞台。「衛生的=正義」という考え方が蔓延し、国家に忠誠を誓う人間は「衛生的」の象徴である白い服を着る。犯罪の告発は美徳とされ、防犯カメラがあらゆる場所に設置され、一般市民がお互いを監視し合う。

橋本は、白い服を着る若い男・レンジョウ役を担当。大阪公演は既に終了し、東京公演は2021年7月28日から8月8日の期間、紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAにて開催される。

◆橋本良亮「ベジタリアンの役なのでちょうどいいかな」

東京公演の開幕を翌日に控えた心境を尋ねられると、橋本は、「大阪公演を終えて、明日初日を迎えるのですが、(大阪公演から)結構期間が空いたので、新鮮な気持ちで挑めるのではないかなと思っています」と声を弾ませた。

「役のために、かなり痩せました?」と声を掛けられると、「毎年、夏になると痩せますね。舞台もそうなのですが、A.B.C-Zのライブ中ということもあって。ベジタリアンの役なのでちょうどいいかなと」と笑顔を見せた。

◆橋本良亮、自身は「ドSですね」

劇中では橋本演じるレンジョウが「Mっ気がある」と言われる場面もある。「実際はどうですか?」と突っ込まれると、橋本は、「僕は、どっちかというと、ドSですね」と回答。「どっちかといったら、褒められて伸びるタイプなので。叱られると沈んじゃうんで」と軽快なトークで取材陣を沸かせる一幕もあった。

また、劇中で描かれる社会では裏で「革命」の息吹も芽生えている。「“革命”を起こしたいことは?」との質問を向けられると、「エンタメで色んなことをしていきたいです。色んなことをやらせて頂いていますが、もっと厳しい状況の中でもみなさんを幸せにできるような何かを探していきたいと思っています」と目を輝かせた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/27 17:25
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます