熟練の職人が仕立てる「日本製 スマイル スマホケース」 注文受けてから手作業で

拡大画像を見る

皮革製品を中心としたバッグ・財布・小物の企画・製作、販売を手掛ける満田工業(埼玉県吉川市)は、レザーバッグブランド「サロン・ド・アルファード」から「日本製 スマイル スマホケース(18機種+多機種対応)」を2021年7月21日に発売した。

国内生産を実現

これまで海外で生産を行ってきたスマホケースだが、コロナ禍で現地とのコミュニケーションが取れず新作展開が困難な日々が続いてきたという。そんな中、蓄積されつつあった自社工房・提携工房の職人の技術力で新たな活路を見出すべく、スマホケースの国内生産を実現することとなった。

熟練の職人が仕立てる丁寧なステッチや多彩なカラー展開が魅力。注文を受けてから日本の工房で手作業により仕立てる(2~3週間)。上質なイタリアンレザー(10色)を使用し、パンチングであしらった大人スマイルが特徴。スマイリーフェイスが毎日元気をチャージしてくれる。

また、使いやすく安心感のある手帳型を採用。スマホの待ち受け画面が見られてしまったり、バッグの中で画面が傷つくのを防止。内側のオープンポケットはバイカラー使いで、ちょっぴり嬉しい気分にさせてくれる。

さらに、18種類の機種それぞれのカメラホールに対応したケース(11型)をラインアップ。ケースのサイズ内であれば機種の種類に関わらず多機種対応型(スライド式でカメラ撮影可能)も展開している。

そして、ケース本体にショルダーストラップ(別売)が取り付けられるホールを装備しており、バッグのように斜め掛けにすれば便利に利用できる。

サロン・ド・アルファード公式オンラインショップ、楽天市場店(一部対応機種のみ)で先行オーダー中。7月30日から広尾本店、その後AMAZON店、百貨店内直営店でも順次発売する。

M・Lサイズ、価格は1万9800円(税込)。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 7/27 14:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます