小島瑠璃子、7月2度目の「キングダム破局」商法に非難轟々!関ジャニ・村上も匂わせ!?

拡大画像を見る

 タレントの小島瑠璃子(27)が7月26日深夜放送の『霜降りミキXIT』(TBS系)にゲスト出演し、先日破局を報告した超人気漫画『キングダム』(集英社)の作者・原泰久氏(46)について語った。

「結婚の条件を小島に語ってもらうパートで、進行役の霜降り明星の粗品(28)が“キングダムの人とは結婚するんですか?”といきなり原氏との交際について質問。これに小島は“1年くらいお付き合いしたんですけど、結果お別れすることになりました”と報告しました。

 どちらから別れを切り出したかとの問いには、“どっちからとか…… これは難しい”と回答を避けたものの、“遠距離恋愛だったのもあるし、年齢にも差があるし、乗り越えられたら良いなと思って始まったけど、乗り越えられないものもありました”と、破局理由について告白していました」(テレビ誌ライター)

 小島は7月6日深夜放送の『グータンヌーボ2』(関西テレビ)でも、「今、本当にスッキリしているかもしれないです。前の彼とお別れしたばかりで……」と原氏との破局を報告。

 しかし、小島の突然のテレビ番組での破局告白に、このときは、「自分の物になったら飽きちゃったのかね。スッキリって良く言えるよな」「テレビで『スッキリ』は言うべきじゃなかったですね。表面上だけでもいい出会いでしたとか、いい経験をさせてもらいました、とか相手への感謝とかファンの人にこれからも頑張りますとか言えばよかったのに」といった意見がネットに寄せられていた。

■2度目のテレビ告白に「よく平気な顔してテレビ出て……」

 地上波テレビ番組で2度目の告白となった、今回の『霜降りミキXIT』での発言についても、「よく平気な顔してテレビ出て、こういう話するよな」「言わなくていいんじゃね!?」「終わった事をよく喋るなぁ。もう次を見てるとか言ってたけど相当引きずってるな」といった声が上がっている。

「小島は、今回の『霜降りミキXIT』では原氏との交際だけでなく、自身の結婚の条件についても話していました。

“いろんな方と普通にお付き合いしてきたんですけど、やっぱり5周まわって、優しい人”とし、“いろんな時期があったんですよ。イケメンがいいんじゃないかとか。だって子どもの顔はかわいいほうがいいじゃんとか本気で思ったりとか。その人もめちゃくちゃ収入がある方が上手くいくんじゃないかとか。いろいろ考えたんですけど、一緒に80歳まで暮らしていくなら優しい人がいい”と語っていましたね。

 小島といえば、過去にハワイ育ちのモデルの男性や関ジャニ∞の村上信五(39)との交際が報じられています。今回話した“イケメンや収入が良い人”というのは、過去に交際したモデルや村上、そして原氏のことを匂わせている感じですよね」(女性誌記者)

■「いたす発言」に続き2度目の破局暴露は戦略!?

 小島は、前述の7月6日深夜の『グータンヌーボ2』では、「(付き合う前に)いたしますね。いたさないと付き合えないですね、逆に」などと話したことでも話題となった。

「賛否を集めた『グータンヌーボ2』での“付き合う前にいたす発言”と原氏との破局に続いて、『霜降りミキXIT』でも、小島は原氏との別れの真相を語りました。

『霜降りミキXIT』の収録は『グータンヌーボ2』の放送の前だった、と番組で説明が出ていましたが、ほぼ同時期のようです。そこから考えても、現在の小島が『キングダム』の原氏との別れ話と“ぶっちゃけ路線”をウリにしているのは明白で、小島もよく理解した上で番組出演に臨んでいるのでしょう。したたかで自己プロデュースに長けている彼女ですから、”今、テレビに出るためには”と考えて、その売り方を選んでいるのではないでしょうか。

 ただ当然ですが、恋愛は相手もあることだし、公の電波で2人しか知らないことを打ち明けるのに嫌悪感を抱く人も多数いる。“そういう売り方に変えたのかもしれないけどなんでもペラペラ喋るのは逆効果だと思う”などといった批判も、かなりネットには上がっていますね」(前出の女性誌記者)

 過去の恋愛の内幕暴露、私生活ぶっちゃけ路線に舵を切った感のある小島。8月も、引き続き打ち明けまくる!?

関連リンク

  • 7/27 12:01
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます