“完璧パス”で同点弾アシストのDF室屋成、独誌の2部開幕節ベストイレブンに選出!

拡大画像を見る

 ハノーファーに所属する日本代表DF室屋成が、ドイツ誌『kicker』によるブンデスリーガ2部開幕節のベストイレブンに選出された。

 室屋は24日に行われたブンデスリーガ2部開幕節のブレーメン戦に右サイドバックでフル出場。1点ビハインドの55分にはハーフライン付近から絶妙なスルーパスを送り、FWマーヴィン・ドゥクシュの同点ゴールをアシストして1-1の引き分けに貢献した。

『kicker』誌は同試合の採点で、同点ゴールを選出した室屋に「2.5」(最高1点、最低6点)をつけ、ドゥクシュとMFゼバスティアン・エルンストの2選手と並んでチーム最高タイとなる高い評価を下した。2部開幕節のベストイレブンには、ハノーファーから室屋のみが選ばれている。

 また、地元メディア『Sportbuzzer』は同試合の採点で、室屋に6選手と並ぶチーム最高タイの「2」をつけ、「右サイドでとても集中していた。何度も走力勝負を強いられた。うまく対応し、完璧なスルーパスをドゥクシュに送って1-1とした」とパフォーマンスを称えた。

 ハノーファーは次節、31日にホームでハンザ・ロストックと対戦する。

関連リンク

  • 7/27 0:59
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます