【クイーンS見どころ】マジックキャッスルが重賞2勝目を狙う

拡大画像を見る

 マジックキャッスルに注目したい。北の地で重賞2勝目なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■8/1(日) クイーンS(3歳上・牝・GIII・函館芝1800m)

 マジックキャッスル(牝4、美浦・国枝栄厩舎)は1月の愛知杯で重賞初制覇を飾ると、前走のヴィクトリアマイルでも3着と好走。高いレベルで安定した走りを続けている。今回は初の函館コースがカギとなるが、こなして重賞2勝目を期待したい。鞍上は戸崎圭太騎手。

 ドナアトラエンテ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)も高い安定感を誇る馬で、特殊な不良馬場だった3月の中山牝馬Sを除けばデビューからすべて3着以内に好走している。前走の福島牝馬Sは惜しくもハナ差2着。その悔しさをここで晴らすことができるか。鞍上は川田将雅騎手。

 その他、4月に4連勝でダービー卿CTを制したテルツェット(牝4、美浦・和田正一郎厩舎)、重賞2・3着がこれまでに5回あるシゲルピンクダイヤ(牝5、栗東・渡辺薫彦厩舎)、昨年のオークス3着馬ウインマイティー(牝4、栗東・五十嵐忠男厩舎)、3走ぶりに芝を走る重賞2勝馬フェアリーポルカ(牝5、栗東・西村真幸厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

関連リンク

  • 7/26 10:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます