踏めるくんって何?!今大注目の「ワークマンの優秀シューズ」3つ

シューズを購入する際に気になるのは、歩きやすさや疲れにくさなどの機能性ですよね。
シューズが変わるだけで、1日の疲れも大きく異なってくるので、自分に合った1足を見極めることが大切です。

そこで今回は、「踏めるくん」をはじめとする、ワークマン独自の優秀シューズをピックアップしてみました!

(1)ワークシューズホワイト 980円



出典:ワークマン

「ホワイト」と名前にある通り、白い靴底が特徴的な1足。
床を汚しにくいため、内装業務にもおすすめです。

スリッポンタイプで着脱が楽ちんなので、オフィス履きとしても◎。
スリッパやクロックスのような感覚で履けるのに、きちんと感を得られます。


(2)作業靴踏めるくん ガードプラス 2500円



出典:ワークマン

かかとを踏んで履ける「踏めるくん」は、靴の脱ぎ履きが多い作業に最適です。
かかとを踏むことを想定した作りなので、スリッパのように履けるのに脱げにくいのが特徴。

かかと部分はクッション製が高い衝撃吸収剤入りなので、立ち仕事が長くても疲れにくいという長所もあります。
つま先の保護もバッチリで、安全靴をメインに取り扱っていたワークマンらしい1品です。

(3)Wクッションメッシュ建さん作業靴 580円



出典:ワークマン

「快適な作業靴」として話題の商品は、特徴的なネーミングで親しまれています。
甲部分も含めて全体的にメッシュ素材を使用しており、通気性がよく蒸れにくいのがポイントです。

クッションを採用したインソールは衝撃を緩和し、疲労軽減の効果を発揮してくれるでしょう。
500円台という低価格なので、気軽に購入できるのも嬉しいですね。


安全靴を取り扱っているだけあって、「ワークマン」には機能性が高いシューズが多数揃っています。
その上、価格設定も控えめなので、仕事用や移動用に購入するのもオススメです。

お近くのワークマンの店舗や、オンラインショップで、ぜひチェックしてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)
※すべての商品情報・画像はworkman_plus様より許諾をいただいております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。
価格変更や、販売終了の可能性もございますので、ご了承くださいませ。
2021年7月19日現在

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/26 11:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます