騙されないで!浮気男の信用できない愛の言葉4つ

拡大画像を見る


本気で愛していなくても、無責任な愛の言葉を囁く浮気男...。そんな浮気男に引っかからないために、彼らの常套句を見極められるようになりましょう!今回は、浮気男が使う信用できない愛の言葉を4つご紹介します。


「俺だけのものにしたい」

「俺だけのものにしたい」というセリフは、独占欲を感じさせる一言。彼女を愛していないと出ない言葉のように思えますが、このセリフをベッドインの前に使ってくる男性には注意が必要かもしれません。体の関係をもつために「俺だけのものになって」という耳触りのいいセリフを吐いている可能性があります。
もちろん、このセリフだけで確実に黒とは言い切れません。彼がどのようなシチュエーションでこのセリフを言うかや、日頃の態度を見て総合的に判断してくださいね。


「浮気してないよね?」

浮気をしている男性は、彼女に対して束縛が強くなる...というのはよく聞く話。彼自身が浮気をしているからこそ「彼女も浮気をしているのでは...?」と疑心暗鬼になっているのかもしれません。
「嫉妬されるのは愛されている証」と思いがちですが、あるときを境に「浮気してない?」と彼から過剰に聞かれるようになった場合は、探りを入れた方がいいかもしれませんね。


「やっぱり〇〇がいちばん好き」

浮気をしている男性は、無意識のうちに彼女と浮気相手の比較をしがち。そのため「誰と比べているの?」と感じるような愛のセリフを吐く男性は限りなく黒に近いと思っていいでしょう。
「やっぱり〇〇がいちばん好き」という言葉は、その最たるものです。「いちばん」はほかの女性と比べないと出てこないセリフですし「やっぱり」は誰かと浮気した後に改めて実感したというニュアンスを含んでいますよね。彼が口を滑らせた瞬間の違和感を見逃さないようにしましょう。


軽いノリでの「好き」

浮気男は、軽いノリでなら誰にでも「好き」と言えるようなチャラい男性が多いもの。そのため、フランクな雰囲気の中での愛の言葉で、男性のの本心を見極めるのは難しいのです。
しかし、いつもよりシリアスなムードの場合は話が別。真剣なトーンで「私のこと好き?」と聞いたときに「そうじゃないと一緒にいないよ」などと「好き」と明言することを避ける男性は、あなたを本気で愛していない浮気男と言えるでしょう。

浮気男の愛の言葉は、一見耳触りがいいようでいて本質は自分本位であることが特徴です。その場しのぎの愛の言葉に騙されず、本当にあなたを愛してくれる男性を見極めてくださいね。

関連リンク

  • 7/26 11:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます