自分の話ばかりする男性に「退屈だよ…」とわからせる一言8パターン

話好きなのは悪いことではないけれど、口を開けば自分の話しかしない男性に、イライラさせられた経験のある女性は多いと思います。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者に聞いた「自分の話ばかりする男性に『そろそろ別の話題に移りたい』と察してもらう一言」について、まとめてご紹介します。

【1】特に意見を言わず、「ふーん」「へえ」とそっけない相づちを繰り返す
「携帯をいじりながら、適当に聞き流す」(10代女性)など、とりあえずスルーするというものです。「何を言われてもひたすら相づち」(20代女性)というように、自分の意見を挟まないことでその話題への関心の薄さを示すのは、角が立たない伝え方のひとつでしょう。

【2】相手の息継ぎのタイミングで「そろそろわたしもしゃべっていい?」と切り出す
「向こうが息を吸った瞬間に『わたしも話したいことあるんだけど』と言う」(20代女性)など、タイミングを見計らって一方的なトークをけん制するパターンです。男性は少しムッとするかもしれませんが、あくまで笑顔で切り出すことを忘れないようにしましょう。

【3】「そんなにしゃべって疲れない?」と、さめた口調で言い放つ
「『話長いねー。のど平気?』と嫌味を言う」(10代女性)など、しゃべりすぎである点についてのみ、意見を述べるというものです。ムキになって黙らせようとせず、「こっちが呆れているのをわからせる」(20代女性)ことで、遠回しに不快感が伝わるかもしれません。

【4】「聞き上手な人って素敵だよね」と、暗に「アンタは素敵じゃない」と思っていることをにおわせる
「『聞き上手な男性っていいですよね』と、相手が聞き手に回るよう仕向ける」(20代女性)など、やんわりとした受け答えが無難な場合もあります。「仕事先では、露骨に嫌な顔をしないほうがいい」(20代女性)というように、相手に応じた配慮を忘れないようにしましょう。

【5】話の内容に一切触れず、「自分のこと大好きなんだねー」と感想を述べる
「『○○くんって自分の話しかしないんだね』と言う」(10代女性)など、強めの皮肉をぶつけるケースです。それでも男性がピンとこない場合は、「『自分のことばっかり話すからびっくりしたよ』と驚いてみせる」(20代女性)といった力技を試してみるのもいいでしょう。

【6】「で? だから何?」と、意義のある結論を促す
笑えるオチや有意義な教訓を得られない無駄話には、「『結局、何が言いたいんだっけ?』と論点を絞らせる」(20代女性)というように、手厳しい指摘をするのもいいでしょう。ただし目上の立場の男性にはさすがに失礼な物言いなので、相手を選ぶ必要がありそうです。

【7】「あっはっは、興味なし!」と笑い飛ばす
あまりにも空気を読めない男性には、「『ウケるー、誰も聞いてないし!』と一笑に付す」(20代女性)などと迎え撃つのもいいでしょう。相手のメンツをつぶすことになりかねないので、「天然キャラを装う」(20代女性)というように、悪意のなさを含ませるといいでしょう。

【8】「ごめん、そろそろ終わりにしてくれるかな?」と、はっきり打ち切りを要求する
「『そろそろ行かなきゃいけないんだよね』と、時間切れを宣告する」(20代女性)など、正面切って「終わり」を要求するという意見です。適当にはぐらかさず、どんなに鈍い相手でも理解できるようにストレートに伝えることは、ある意味誠実な対応かもしれません。

そのときの状況に応じて、ほかにもさまざまな「そろそろ別の話題に移りたい」と察してもらう一言」があると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/26 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます