切る前のひと手間で 子供の爪切りを楽にする方法

拡大画像を見る

育児をやっていて、驚くことの1つが、子供の爪の伸びる速さです。

乳児期だと、3,4日に1回は爪のお手入れをしないと、顔にひっかき傷を作ってしまうこともあります。

子供用のハサミ型の爪切りで爪を切る時、切った爪が散らばって、片付けが大変…と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

薄くて小さな子供の爪は、思ったよりも遠くへ飛んでいきます。

我が家では、どこに飛んでいるかが分からないので、子供たちをけん制しながら、結局広範囲に掃除機をかけるしかない、という大仕事になります。

そんな子供の爪切りを、爪を飛ばさずに簡単に切る方法があるので紹介します。

用意するもの:
・ハサミ型の爪切り
・ベビーオイル(ワセリンでも可)

やり方:
1.ベビーオイルを子供の指先にしっかりなじませる。

2.普段と同じように爪を切る。

すると、写真のように、油分を含んだ爪がハサミの刃先にくっつき、飛び散ることはありませんでした。

爪が刃先にたまってきたら、ティッシュで拭いて簡単に除去することができます。

ちなみに、大人が使うクリップタイプのものでも、この方法ができるのか試してみました。

切った爪が刃の奥のほうに入り込んでくっついてしまい、取れなくなってしまったので、あまりおすすめできません。

子供も、指先にベビーオイルを塗られるのは、気持ちがいいようで、嫌がることはありませんでした。

とても簡単な上に、子供の機嫌も悪くならないのが嬉しい、飛ばない爪切り。ぜひお試しください。

[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 7/26 4:30
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます