韓国、10人のルーマニアに4発快勝!…B組は全チーム勝ち点3で最終節へ

拡大画像を見る

 東京オリンピック男子サッカー競技一次ラウンド・グループB第2節が25日に行われ、U-24ルーマニア代表とU-24韓国代表が対戦した。

 試合のスコアボードが動いたのは27分、韓国が相手のオウンゴールで先制する、右サイドからイ・ドンジュンがゴール前に高速のクロスを供給すると、カバーに入ったマリウス・マリンに当たってゴールに吸い込まれた。

 ルーマニアは45分、相手への肘打ちでイオン・ゲオルゲがこの試合2枚目のイエローカードを受け取り退場。1点ビハインドのなか、数的不利で後半を戦うことになった。

 韓国は59分に追加点。ペナルティエリアの外からイ・ドンギュンが左足を振り抜くと、シュートはブロックに入った相手DFに当たって軌道が変化し、ゴール左下隅に吸い込まれた。

 韓国は84分にイ・ガンインがPKを成功させてリードを広げる。90分には左からの折り返しに合わせたイ・ガンインが冷静にゴール左下隅に流し込み、韓国がダメ押しの4点目を獲得した。

 試合はこのまま終了し、韓国が4-0で勝利。グループBは2試合を終えて全チームが1勝1敗で並んだ。次節は28日に行われ、ルーマニアはU-24ニュージーランド代表と、韓国はU-24ホンジュラス代表と対戦する。

【スコア】
U-24ルーマニア代表 0-4 U-24韓国代表

【得点者】
0-1 27分 オウンゴール/マリウス・マリン(韓国)
0-2 59分 イ・ドンギュン(韓国)
0-3 84分 イ・ガンイン(韓国)
0-4 90分 イ・ガンイン(韓国)

関連リンク

  • 7/25 22:02
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます