初めてのお留守番は大成功!? 娘に自信はついたのか ~ムスメ、初めてのお留守番練習:後編~【ムスメちゃんとオコメちゃん 第124話】

ウーマンエキサイト読者の皆さま、こんにちは。

1年生のムスメ(と妹オコメ)の初めてのお留守番練習、最終話です。

いよいよテレビ電話をつないだまま、姉妹だけを家に残し、1分かかるコンビニへと出発しました。

ムスメとオコメをテレビ電話をつないだまま家に残し、自宅から1分のコンビニへ夫婦でお買い物へ。

出発前とは打って変わって、くつろぐ2人。むしろ私と夫の方がソワソワと挙動不審だったように思います。

なんだ、全然心配ない、平気そうじゃないか…。

安心感とほんの少しの寂しさを感じつつ、買い物を済ませて急いで帰宅しました。

そして姉妹と10分越しの再会…! ずっと余裕の表情の姉妹でした。


お留守番中、家でだらけ始めたふたり。それでも帰宅すると2人揃ってお出迎えしてくれました。

やはり、常に電話でつながっていたという安心感ゆえの成功だったようでしたが、とりあえず成功したことがムスメにとっても私にとっても自信につながりました。

そしてその自信からなのか、あんなに鍵っ子を拒否していたムスメが、鍵を持ち歩くことを了承してくれました…!

まだまだ、家を留守にすることは難しいですが、一歩一歩、ムスメなりのスピードで成長していることを実感しました。

少しずつ、少しずつ。

ムスメとオコメのスピードで、自信をつけていってほしいと思います。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/25 17:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます