篠原涼子と市村正親の離婚に“2つの違和感”!「72歳夫に親権」と「新たなカタチ」

拡大画像を見る

 俳優の市村正親(72)と女優の篠原涼子(47)が24日、離婚したことを所属事務所を通じて発表し、ネットに衝撃が走っている。

 2人は2005年に結婚し、2008年に長男が、2012年に次男が誕生。25歳の年の差がある2人はおしどり夫婦として知られていたものの、昨年8月に「女性自身」(光文社)が、篠原が3月から自宅を出る形で別居中であると報道。別居の理由として篠原は仕事の関係で人と接する機会が多いことから、新型コロナウイルスの感染リスクに晒さないためだとしていたが、同誌は今年6月にも夫妻は未だ別居しており、その状態が1年以上続いていると伝えていた。離婚に際して長男と次男の親権は市村が持ち、慰謝料や財産分与はないという。

 市村と篠原の離婚に、ネットでは「72歳の市村が親権持って大丈夫?」「老齢のお父さんが一人で子育ては大変そう」「男が親権というのも珍しいのに、72歳の男となると何事なのかと思う」「市村さんが親権を持つということは、篠原さんに他にお相手がいるようにも見える」と市村が親権を持つことについてのさまざまなコメントや、「1年以上子どもと離れて別居っておかしいだろと世間は思っていたから、離婚について何も驚きもしない」「いくらコロナを理由にしても、それを理由に別居までする?って思ってたからまぁやっぱりそうですよね」「別居したら遅かれ早かれ離婚になるよね」と離婚に納得する声も。

 さらに「やっぱりかー。なんか2.3年前?江口と撮られてからいつか別れる気がしてたわ」と篠原が2016年4月の「女性セブン」(小学館)で俳優の江口洋介(53)との“深夜個室密会”をスクープされたことに関するコメントや、「鈴木保奈美の方は子どもが大きくなっているから影響が少ない。でも篠原涼子の方は下のお子さんがまだ9歳くらいでは?まだまだ母親が必要な年齢だと思う」と先日離婚を発表したとんねるず・石橋貴明(59)と女優の鈴木保奈美(54)との違いを指摘する声も出ている。

 憶測を含むさまざまな声が飛び交っているが、これには離婚発表とともに公開された市村と篠原のコメントが何やら意味深であったこともかかわっているのではとの見方もある。

■「私の強い希望で、親権は私が……」

「離婚に際して、市村と篠原はそれぞれコメントを発表していますが、市村は“昨年のコロナによって撮影中は家庭内感染を防ぐ事からも、別居し役者業に取り組む生活をするようになりました。しかし作品が続いたことで別居が基本のスタイルとなり、夫婦、親、互いに役者として、新たなカタチを考えるようになりました”と離婚の経緯に触れ、その上で“尚、人生の先輩である私の強い希望で、親権は私が持つことを受け入れてくれました”と自身が親権を持つことについて説明。

 一方、篠原は“今の私があるのも市村さんの大きな力のお陰だと思い感謝しております。なのにこのような状況になった事、なかなか理解しにくいかと思いますが、私たちなりの新しい形・環境を作って参りたいと二人で話し合いました”と離婚理由については明確にせず、“親権に関しましては父の背中を見せて育てていきたいとの市村氏の希望と父のようにたくましく育って欲しいとの私の願いが一致し市村氏が持つことを子供たちとも話をしまして決定致しました”としています。

 ともに離婚理由をはっきり述べていないことに加えて、市村が“人生の先輩である私の強い希望で”親権を持つことになったと言っているところをみると、“人生の先輩として”篠原が親権を持つのは難しいと判断したとも取れます。ゆえに、篠原に何らかの原因があったのではとの憶測が沸くのも無理もないでしょう。

 それに、市村と篠原はコロナ禍を理由に別居していましたが、世の中には長期出張や単身赴任でどちらかの親が不在であることが多い家庭も珍しくないわけで、たとえ別居状態でもわざわざ離婚せずに家族として生活することは可能。にもかかわらず離婚という選択をしたとなれば、そうせざるをえないような決定的な理由があったのかもしれませんね」(女性誌ライター)

 今年配信予定のNetflixオリジナルシリーズ『金魚妻』では、夫のDVに苦しみながらも不倫に溺れていく主婦を演じる篠原。今回の離婚が女優としての篠原に何か変化をもたらすことはあるのだろうか。

関連リンク

  • 7/25 12:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • 陸耳!?

    7/28 5:55

    大物食いの篠原さん。まだまだ「やる気十分!」

  • ***

    7/27 14:41

    他人の夫婦間の事を詮索するの止めたら?自分の事を赤の他人にとやかく言われたり詮索されたりしたら嫌やろ?

  • とにかく、「何かある?」ってことにしたい アホな記者には、毎回笑える

記事の無断転載を禁じます