木梨憲武、石橋貴明の離婚報道に送った「エール」で好感度爆上がり

拡大画像を見る

 世間に衝撃が走ったとんねるず・石橋貴明と女優・鈴木保奈美の離婚報道。石橋は、7月16日の自身のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」で、離婚を発表。翌17日には、相方の木梨憲武がラジオ番組「土曜朝6時 木梨の会。」(TBSラジオ)で、この件について見解を示している。

「木梨は、この離婚について石橋本人からでなく、関係者からの連絡で知ったことを明かし『俺らはガキじゃないし、新しいシリーズが始まったということ』『面白い展開になってくるに決まってる』と、断言していました」(芸能ライター)

 本来は暗くなりがちの離婚報道に対して前向きな言葉で相方へのエールを送った木梨。そんな彼にはネット上に「相方をフォローする。素敵です」「昔から相変わらずかっけーよノリさん」など、多くの賞賛コメントが寄せられた。

 木梨と石橋といえば不仲説がかねてよりささやかれており、あの芸能界のご意見番もテレビ番組で“失言”するひと幕もあった。

「7月18日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)でも、石橋と鈴木の離婚報道が話題となり、和田アキ子が木梨のことを石橋の『元相方』と発言。出演者のカンニング竹山がすかさず『解散してない』とツッコミを入れると『あっ、失礼しました』と答える始末。不仲説があったため、勘違いしたのではないかとの憶測があがりました」(前出・芸能ライター)

 確かに、仲がよければ木梨へ石橋から直接離婚の報告があってもよさそうなものだ。これについて先の「土曜朝6時 木梨の会。」に出演したサンドウィッチマン・伊達みきおは「直接連絡来ないんですか?」と木梨に質問。木梨は「来ないですね、貴さんね。基本的に言えることは俺らガキじゃねぇから。60、70だから。人の家はあんまり深くわかんないから、誰しも」とコメントしている。

 不仲説の真偽はさておき、今回石橋にエールを送ったことで木梨の好感度が爆上がりしたことは間違いなさそうだ。

(窪田史朗)

関連リンク

  • 7/25 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます