TOKIO社長・城島茂にブッコミ?「もう少し5人でいれたかも」山口達也、長瀬智也の不在も「結果オーライ」

拡大画像を見る

 7月21日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、TOKIOの城島茂(50)、国分太一(46)、松岡昌宏(44)が、株式会社TOKIO設立、番組がリニューアルされてからの4か月について語った。松岡はタレント兼社長としての日々を過ごす城島社長について「ちょっとずつ板についてきてますよね。社長業が」「金の計算が早い!」と絶賛、城島は商業高校で学んだことが何十年ぶりかに役に立ったと笑った。

 また城島は、ジャニーズの合宿所に住んでいた頃、故ジャニー喜多川氏から「茂がちゃんと言わないから、一番上なんだから」と後輩のを面倒をしっかり見るよう言われていたといい、「こういう責任ていうのが、ちゃんと見とかなあかんっていう」気持ちが会社経営にも通じると振り返り、「懐かしい感じ」と告白。松岡から「根っからの管理人なのよ」と、感心されていた。

 しかし、国分からは「それはさ、(TOKIOの)リーダーのときからもうちょっと責任感持ってほしかった」とツッコまれ、松岡も「そしたら、もう少し5人でいれたかもしれないね」と爆笑。城島が「まぁまぁまぁ。……結果オーライやろ」と胸を張った。

 TOKIOは、2018年にメンバーだった山口達也(49)が未成年女性への強制わいせつ容疑で書類送検され、後に起訴猶予処分となり、グループから脱退、ジャニーズを退所した。山口が抜けたことで、バンドとして活動していたTOKIOの音楽活動はその後、再開されていない。今年3月いっぱいでグループを脱退、芸能界からも引退した長瀬智也(42)は、音楽活動の再開を熱望していたともいわれていた。

■ジャニー氏の逝去でTOKIOの名前が重くなった

 3人のトークに、視聴者からは「笑って話せるようになるまでいろいろな想いと葛藤もあったはず」「いろいろ大変だったからこそだね」「心のどこかで“5人でいたかった”って思ってるんだなあって思えてちょっと切なくなった」「もともとTOKIOは5人っていうのを黒歴史化にしてないのが地味にうれしい」などのコメントが上がった。

 株式会社TOKIOの設立について、国分は「ジャニーズ事務所さんに、どういうふうな形で言うのが一番いいのかなっていうことを考えた」「 私たち3人は何となく同じ思いだったんですよね」と、当時自分たちの思いを伝えるためのプレゼンを行ったと振り返り、松岡が「屋号は守ろう」とTOKIOの名前を残すことを主張したと続けた。

 その理由について松岡は、「いろんな時期が重なったからかなとは思いますね。先代の社長(ジャニー氏)が生きていたら、そうは思ってなかったと思う」「旅立ってそこでTOKIOの重さが出た。深まった、重くなった」とコメント。

「もし先代が生きてたら、ごめんちょっとダメでしたって言えんだけど、言えないじゃん」「で、お墓参り行ってダメでしたも違ぇなとかって、自分の中であって」「俺の屋号だけはっていうのと、じゃあ新しいことやってみようかっていう意見がすごく良いタイミングだった」と、TOKIOとしての再スタートについて語った。

 ジャニーズ事務所の後押しもあり、会社を立ち上げた3人だが、国分は「後輩、絶対まねしちゃダメだよね」と、会社経営の難しさも指摘。松岡も「選択肢としてはいいけど、あんまりオススメはしない」と断言し、「会議めんどくせぇから」と吐き捨てて、スタジオを笑わせた。

 株式会社TOKIOは、いわゆるジャニーズ事務所の子会社という立ち位置だが、これまでにない独自の活動を次々と始めている。その一つが『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)でもお世話になった福島の復興を応援する「福島を楽しんでもらう」プロジェクト。福島県庁には「TOKIO課」が設置され、CMに出演したり、桃をアピールをしたり、福島県の魅力を伝えるための活動を積極的に行っている。

 また「Make with TOKIO! 一緒につくろうプロジェクト」で、あまり知られていない日本のいいところを伝えようと、広くアイディアを募集するなど、新たな試みにも意欲的だ。7月21日には、国分が商品開発に参加した「丸亀製麺」のテイクアウトメニュー「こどもうどん弁当」も発売され、大好評を博している。

 今後も、城島の社長としての手腕に注目だ。

関連リンク

  • 7/25 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 丸亀製麺との話を聞いた時、以前、国分さんが、別のうどんチェーン店を、行きつけと言っていた事を思い出し、仕事とはいえ、節操無い気がして、ドン引きしましたっけ… (-_-;)

記事の無断転載を禁じます