歳のせい? 愛犬が見せた行動が、あるあるすぎた『犬と猫どっちも飼ってると』

拡大画像を見る

『さばげぶっ!』や『ねこ色保健室』などの作品で知られる、漫画家の松本ひで吉(@hidekiccan)さん。

天真爛漫で天使のような性格の犬と、我が道を行くツンデレなお猫様との暮らしが描かれている漫画がTwitterで公開され、人気を集めています。

松本ひで吉 『犬と猫どっちも飼ってると』シリーズ

犬は、人間よりもはるかに歳をとるスピードがはやいものです。

飼い主は、生活をともにしてきたペットの見た目や仕草に変化が生じるのを目の当たりにし、時に切なさや愛しさがこみ上げることもあるでしょう。

ある日、松本さんは、幼少期から見てきた犬のささいな変化に気付いたといいます。

歳をとり、機敏な動きが取りづらくなったのでしょうか。犬は、のんびりと体を滑らすようにして、休みの姿勢をとるようになりました。

動作だけでなく、若い頃のキリッとした表情と比べて、現在は穏やかでのんびりとした顔をしています。

漫画に対し、ペットを飼っている読者からは共感の声が続出!「めっちゃ分かる。我が家の犬も同じ」「どっちもかわいい!」といったコメントが寄せられました。

飼い主にとっては、どの時期のペットも愛おしく、大切な家族であることに変わりはありませんね。

単行本『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』が発売中!

『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』の単行本第1~6巻が発売中です。

また、2021年10月13日には待望の第7巻も発売されます。

『犬と猫』第7巻の限定版付録が話題! 「即予約した」「また想像のナナメ上」

第7巻の発売前に、過去の作品を振り返ってみてはいかがですか。

[文・構成/grape編集部]

出典 @hidekiccan

関連リンク

  • 7/24 12:19
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます