オードリー若林も指摘するフジ『めちゃイケ』の亡霊?コント番組『新しいカギ』が大失敗する理由

拡大画像を見る

 7月14日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に、お笑いコンビ・オアシズの光浦靖子(50)と大久保佳代子(50)が出演。かつてコンビで出演していたバラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!(めちゃイケ)』(フジテレビ系)について語った内容が話題になっている。

 めちゃイケは、1996~2018年に放送されたナインティナインを筆頭に極楽とんぼ、よゐこら芸人たちが結集し、一時代を築いた番組。

「光浦は初回から、大久保は00年から『めちゃイケ』のレギュラーになりました。めちゃイケでは、毎週火曜と水曜が収録日で、出演者全員のスケジュールが押さえられており、さらに、光浦によれば1回の収録で“20時間くらいカメラを回していた”といいます。

 光浦は『あちこちオードリー』のMCであるオードリー・若林正恭(42)に関する思い出話も披露していましたが、めちゃイケの『お笑い芸人歌がへたな王座決定戦スペシャル』に若林が出演した際に、司会だった岡村が若林のことが好きだから“若林くんが(歌へた)歌う前のちょっとしたトークが収録で1時間。オンエアは1分”だったとしていました」(女性誌記者)

 大久保も「いま考えてもめっちゃ効率悪い」と賛同していたが、尋常でなく長い拘束時間をかけて、番組を作りこんでいた、という貴重な証言とも言える。

■フジは過去に似た番組で失敗した経験がある

「ちなみに、光浦は22歳から約25年間、毎週火・水のスケジュールを『めちゃイケ』に明け渡していたそうですが、末期には出演者の中でナインティナインしか稼働しない回も多く、「嗅覚でわかる」「絶対(出番)ねぇ!」と、いうことで、拘束されているにもかかわらず、出演者の鈴木紗理奈(44)は海外旅行に行ったり、光浦もマネジャーが別の「いい」仕事を入れることがあった、とも『あちこちオードリー』で明かしていました」(前出の女性誌記者)

 ちなみに若林も、『めちゃイケ』について19年8月29日放送の『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』(ニッポン放送)で、『ゴッドタン』『あちこちオードリー』を担当し、この春にテレビ東京を退社してフリーになったプロデューサーの佐久間宣行氏(45)と語り合っている。

 フジテレビはかつて、若林をキャプテンに、2000年(ミレニアム)にデビューした芸人らを集めた『ミレニアムズ』という深夜バラエティ番組を14年10月18日から15年9月15日まで放送していた。同番組について、『ANN0』で若林から放送当時に相談されていたと佐久間氏は明かし、いち視聴者として『ミレニアムズ』を観た感想について、

「フジテレビの集合バラエティって、普通は売れる前からやっているじゃん? それが全然違ったんだろうね。売れる前からやっているんだよ。『はねるのトびら』にしても、みんな無名の時からやっているから多少の無茶もOKっていう番組じゃん。あれって全部。だから『めちゃイケ』みたいに加藤さんの出産(※加藤夫婦への密着ドキュメント企画)を見せたり……売れる前からやっているから(芸人たちが協力してくれる)」

 と前置きしたうえで、『ミレニアムズ』が短命に終わった理由を、

「同じ方法論で番組を作ろうとしているのに、売れてから集まったから。これ、言い方が難しいんだけども、演者が別に恩義に感じていないっていうか」

 と、フジテレビの考え方と方法論のズレを指摘したのだ。

 この発言に対して若林も、

「いや、ソフトな言い回し、もっとなかったかな? そんなにはっきり言っちゃダメなんですよ(笑)」

 として、

「35歳とかですからね。35だから、いくつか番組もやって。みんなテレビに出だして5年ぐらいとかだから得意と不得意がわかっちゃっているんですよね」

 と、がむしゃらに頑張れるわけではない、と佐久間氏の発言を肯定していた。

■多忙で打ち合わせができていない!

「『ミレニアムズ』のレギュラーは、オードリー、ウーマンラッシュアワー、ナイツ、流れ星、南海キャンディーズはソロで山里亮太(44)。佐久間氏の言う通り、2014年の時点で全員すでに名が売れていました。この“レギュラーに売れている人しかいない”という失敗を、現在、フジで放送中の『新しいカギ』が、そのまま引き継いでしまっている印象なんですよね……」(専門誌記者)

『新しいカギ』のレギュラーは、チョコレートプラネット、霜降り明星、ハナコ。いずれも、すでに大人気の芸人で、スケジュールがよく取れた、と思う面々ばかり。

「すでに人気ということは、よそで多数の仕事を抱え『新しいカギ』に全身全霊をかけて取り組むような状況ではない、ということ。番組開始時に、ナイナイ、武田真治(48)、雛形あきこ(43)以外はほぼ無名で、週にまる2日も出演者のスケジュールも確保していた『めちゃイケ』とはまったく違う。『新しいカギ』はレギュラー陣が多忙で、しっかりと打ち合わせができず、本番に臨むということも少なくないそうです。

 5月14日放送の回では、霜降り明星の粗品(28)が、実家が焼肉屋ということで、ゲストに焼肉を振る舞いながら秘蔵トークをするという『焼肉屋ソシナ』で、スタッフの「まな板を洗剤で洗う」という行動に「肉を切るまな板を洗剤で洗うなんてありえない!」と粗品が激怒し、新しいまな板を用意するのに2時間収録が止まってしまったといいます。それも、綿密に打ち合わせや作りこみができず、思うようなコントが作れないフラストレーションゆえかもしれませんね……」(前同)

 コア視聴率も優れないことから、早くも10月改編で大きな動きがあると言われている『新しいカギ』。フジテレビは、『ミレニアムズ』の失敗を思い出すことがあるのだろうか……。

関連リンク

  • 7/24 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます