稲村亜美、大事な部分を慌てて押さえた!タイトミニ“大開脚”事故に興奮声!

拡大画像を見る

 タレントの稲村亜美が、7月16日に更新されたテレビ朝日の公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」に出演。「“最強ペア”を決める戦い!ゴルフ女子6人がガチ対決!」企画で大開脚を披露し、ファンを悶絶させた。

 この日、動画には2019年ミス立教大学グランプリでミス日本ファイナリストのフリーアナ・西村香也子が出演。「何か特技とかあるんですか?」と問われた西村は「特技がなくてちょっと考えたんですけどいいですか?」と前置きし、突然、180度の大開脚を披露し、抜群の柔軟性を見せた。

「そこで若手の身体を張ったアピールに触発されたのか、進行役の稲村も開脚にチャレンジしたんです。しかし、肉付き良好の大腿部がタイトスカートいっぱいに広がり、中途半端な状態をキープ。一瞬、大事な部分が無防備状態になってしまいました。『危ない危ない!』と慌ててソコを押さえる姿が何ともイヤラしかったですね。もしかしたら勢い余ってそのまま転倒NGになり、スタッフには”丸っと見え”だったかも…などと想像すると、興奮がおさまりませんよ」(ネットニュースサイトライター)

 ネット上ではこのシーンに「西村さんもかわいいけど、少し痩せすぎかなー。稲村亜美くらいのボディがちょうどいいよね」「同じ開脚なのに、西村より稲村の方がイヤラしく見えるのはなんでだろう。 太ももの肉感がたらまないんだよな」「スカートの真下から見上げたかったわ~」などと、歓喜の声が上がっている。

 スイング時にはパツンパツンのヒップに“パン線”を浮かび上がらせるサービスぶりで大人気になっている稲村。次回の動画更新も今から楽しみだ。

(ケン高田)

関連リンク

  • 7/24 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ***

    7/25 15:22

    パンツなんか見えても興奮しませんな。中身やろ中身!

記事の無断転載を禁じます