陰の視聴率女王・菜々緒『TOKYO MER』“みんなが惚れる”原点回帰で最高視聴率へ

拡大画像を見る

 鈴木亮平(38)主演のドラマ『TOKYOMER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第3話が7月18日に放送され、平均世帯視聴率が14.4%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と、番組最高を更新した。

 同ドラマは、重大事故、災害、事件の現場に駆けつけ、命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく、救命救急チーム「TOKYO MER」の活躍を描く物語。“MER”とはモバイル・エマージェンシー・ルームの略称

 第3話は、拳銃を所持した凶悪犯が、重病の少女を人質に立てこもる事件が発生。現場に急行した「TOKYO MER」のチーフドクター・喜多見幸太(鈴木亮平)は、少女に薬を渡さないと命に危険があると主張するが、メンツを気にして口を出すなという警察と対立する。

 発作の危機が迫る少女の命を守るため、看護師・蔵前夏梅(菜々緒/32)は自ら身代わりを志願する。決死の覚悟で少女を救い出した夏梅だったが、再び人質となってしまい……という展開。

 初回から危険な事件現場での活躍が続いているが、今回の舞台は激しい銃撃戦の極限状態。飛びかう銃弾をすり抜けながら負傷者を救っていく喜多見の姿は、ブルース・ウィリス主演の映画『ダイ・ハード』の医療版のようで、鈴木の鍛え抜かれたボディが本領発揮していた。

■過去の黒歴史ドラマとは別人

 しかし、今回の1番の立役者は、危険をかえりみず少女を救おうとした、夏梅役の菜々緒だろう。ドラマの冒頭、彼女は過酷な救命救急と病棟業務を兼務しながら、母の助けを借りつつ、保育園に通う娘を1人で育てていることが描かれる。

 そんな、医療従事者としてだけでなく、母としての強さが魅力となり、夏梅の人質や警察官どころか犯人の命まで救おうとする姿がカッコ良すぎた。鈴木亮平は放送前、自身のツイッター上で「今日は誰もが、きっと菜々緒さん演じる看護師・夏梅さんに惚れてしまうことでしょう」と訴えていた。

 また、視聴者もツイッター上で「命の危機にさらされても犯人をも治療しちゃう菜々緒ママかっけー」「このチームの中に菜々緒氏がいることがほんとうれしいしかっこいい」「菜々緒さんは悪女のイメージが強かったけど、今や勇敢でたくましくかっこいい女性のイメージ」などと、称賛の声が相次いでいた。

 菜々緒が脇を固めていることで、役柄的にも配役的にも安定感が出ていて、同ドラマに欠かせない存在になっている。主人公の新人救命士(福士蒼汰/28)の、天真爛漫な画家の義姉を演じてイメージチェンジを狙った、19年放送の『4分間のマリーゴールド』(TBS系)の低視聴率がウソのよう。やはり、菜々緒にはクールビューティで、デキる女が似合うようだ。(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 7/24 9:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます