「那須高原バル」に地元の牛乳を使用した冷たいデザートメニューが新登場!


栃木県那須町にある「那須高原バル」では、「那須夏フェアー」と題し、7月22日(木・祝)より、地元の牛乳を使用した冷たいデザートの販売をスタートした。

コロナ禍で誕生したレストラン


「那須高原バル」は、長年勤めた会社を退職したメンバー4人で運営しているレストラン。

今年3月20日(土)に開業したが、開業後もコロナ禍の影響を受けて、厳しい営業状況となっている。

地元の素材を使用した夏を彩るデザート

そこで、観光シーズンを迎えるこの時期に、地元の素材を使用したデザートメニューの販売をスタート。


デザートメニューには「かき氷 那須産ミルク使用のジェラート付」と、


「タピオカミルク」がラインアップしている。

ひんやりとしたデザートで、暑い夏を乗り切ろう!

食事メニューも充実


また、同店では「那須高原和牛ハンバーグ ブルスト付」や、


「栃木県産小麦使用のハート型ピザ」、


「那須産ミルクブレンド オリジナルカレー」といった、那須産、栃木産の食材へのこだわりと、味だけでなく視覚的にも楽しめる料理をコンセプトにしたメニューも用意。

さらに、テラス席ではワンちゃん連れの利用も可能だ。


地元の食材を使用した料理を味わいながら、夏を感じるひと時を過ごしてみては。

一部メニューは通販で購入可能

なお、一部メニューは通販でも購入可能。詳しい情報は「那須高原バル」公式webサイトをチェックしよう。

■那須高原バル
住所:栃木県那須郡那須町大字高久乙2741‐2

画像をもっと見る

  • 7/21 19:39
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます