笑って泣ける!有川浩のおすすめ小説11選

拡大画像を見る

書籍の多くが映画化やドラマ化されている人気小説家・有川浩。ミリタリー系を舞台に展開されるラブコメが魅力の作品は、多くのファンの心を掴んで離しません。今回はそんな有川浩が描く世界を存分に楽しめる作品をご紹介。数多くある書籍の中から厳選した11作品です。

有川浩ってどんな人?

原稿用紙 本棚 執筆

有川浩(2019年2月以降にペンネームを有川ひろに改名)は、日本の人気女性小説家。高知県出身。
ミリタリーやラブコメといったジャンルを得意としており、2004年に発表された「潮の街 wish on my precious」でデビュー。
代表作に、「図書館戦争シリーズ」や「植物図鑑」「旅ネコリポート」などがあり、著書の多くがメディアミックス化されている大人気小説家です。

1.図書館戦争

この商品の販売サイトをチェック

図書館戦争

amazon.co.jp

詳しく見る

KADOGAWA/全6巻/完結

あらすじ

1988年、公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を制限する「メディア良化法」が制定。同時にメディア良化委員会が発足し、良化特務機関によって不適切な表現と判断された創作物は検閲を受けていた。武力攻撃も辞さない良化特務機関のせいで本や情報の自由を奪われる中、唯一これに対抗したのが図書館の図書隊だった。

「図書の自由法」の制定後激化する戦いの中、高校生の笠原郁は幼い頃から読んでいた絵本の新刊が発売され本屋さんを訪れる。しかし絵本の購入直前、検閲対象になった本を狙って良化特務機関が来てしまった。
咄嗟に絵本を服の中に隠した郁は隊員に見つかってしまうが、万引きの汚名をかぶってでも本を守ろうとする。
そんな彼女を救ったのは、図書隊の男性だった。その後、まるで"王子様"のような図書隊の男性に憧れた郁は図書隊に入隊。鬼教官で知られる指導教官・堂上篤の元で日々厳しい訓練を積んでいく。

2013年、岡田准一&榮倉奈々主演で映画化

有川浩の代表作でもある長編小説「図書館戦争」を原作とした映画「図書館戦争」は2013年に映画化されました。
主演は、V6のメンバーである岡純一と榮倉奈々が起用され、物語の世界観だけではなく2人の身長差も忠実に再現。
映画は人気を博し、その後テレビドラマや映画第2作も制作・公開がなされました。

2.阪急電車

この商品の販売サイトをチェック

阪急電車

amazon.co.jp

詳しく見る

幻冬舎/全1巻/完結

あらすじ

片道15分のローカル電車。毎日様々な人を乗せて走るこの電車で起こる小さなお話を短編集にした作品。たまたま電車で乗り合わせた人々の出会い、別れ、恋の始まりが短い時間しか走らない電車の中で紡がれる。

2011年、中谷美紀主演で映画化

小説「阪急電車」を原作にした映画「阪急電車 片道15分の奇跡」は、2011年に公開されました。
ローカル線を舞台にした今作の主演は、中谷美紀。
長くは走らない小さな電車の中で繰り広げられるハートフルな群像劇は原作そのままで忠実に作り込まれており、舞台も阪急今津線沿線が舞台にされました。

3.旅猫リポート

この商品の販売サイトをチェック

旅ネコリポート

amazon.co.jp

詳しく見る

講談社/全1巻/完結

あらすじ

サトルの愛猫・ナナ。ナナを大層可愛がるサトルだったが、彼は病気でもうすぐこの世からいなくなってしまう。大切なナナを残したまま死ぬわけにはいかないサトルは、銀色のワゴンに乗ってナナの里親を探す旅に出る。それは、ナナの里親探しだけではなく、サトル自身の時間を再確認する旅でもあった。

2018年、福士蒼汰主演で映画化

人気作家・有川浩のベストセラー「旅ネコリポート」を原作とした映画「旅猫リポート」は2018年に公開。
主人公のサトル役は、爽やかなイケメン俳優・福士蒼汰が演じ、飼い猫のナナの声は高畑充希が担当しました。
死期が迫っているためナナの新しい飼い主を探すサトルたちの旅は、原作ファンも含む多くの人が感動し高評価を得ました。

4.キケン

この商品の販売サイトをチェック

キケン

amazon.co.jp

詳しく見る

KADOGAWA/全1巻/完結

あらすじ

元山高彦が入学したのは、成南電気工科大学。数あるサークルの中でも一番危険視されているのが「危険制御研究部」、略して「キケン」。

一癖も二癖もありすぎるかなり個性的な先輩によってサークルに引きずり込まれた高彦は、同じようにキケンに入った同期たちとともに日々先輩達が行う所業に頭を悩ませる。それは、一般人なら考えもしないだろうイタズラや犯罪すれすれの実験、破壊行為の数々だった。毎日がドタバタのキケンにストレスを溜めながらも、高彦の大学生活がスタートする。

5.植物図鑑

この商品の販売サイトをチェック

植物図鑑

amazon.co.jp

詳しく見る

幻冬舎/全1巻/完結

あらすじ

就業後の飲み会から帰る途中、道端に倒れていた男性を拾ったさやか。自分を「咬みません、躾の出来た良い子」だと頼み込んだその男性は、一宿一飯の恩をありあわせで作ったとは思えない美味しい朝食で返した。

出て行こうとする男を引き止めたさやかは、家の管理や家事一切と引き換えに同居を提案。承諾した男は、「イツキ」と名乗った。

奇妙な同居生活に慣れ始めたある日、さやかは仕事のミスが重なりかなり荒れていた。みかねたイツキはさやかを近所の河川敷まで散歩に行かないかと誘う。イツキの「野草収集」を目の当たりにしたさやかは、野草を使った料理づくりの楽しさに目覚めるのだった。

2016年、岩田剛典&高畑充希舜円で映画化

有川浩の恋愛小説「植物図鑑」を原作にして制作されたのが、2011年に公開された映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」。
岩田剛典と高畑充希のダブル主演で、制作されました。
原作のまるで少女漫画のような現実ではちょっとありえない設定も含めて、小説の世界を見事に映像した作品です。

6.空飛ぶ広報室

この商品の販売サイトをチェック

空飛ぶ広報室

amazon.co.jp

詳しく見る

幻冬舎/全1巻/完結

あらすじ

航空自衛隊の花形「ブルーインパルス」。戦闘機のパイロットの中でも選りすぐりのメンバーが搭乗する憧れの戦闘機・ブルーインパルスのパイロットに選ばれた空井大祐2等空尉。しかし、不慮の事故により、P免(操縦士免許取り消し)にされてしまう。

その後、癖のある先輩たちがいる航空幕僚監部広報室に異動になった空井。ある日空井は、広報室の責任者鷺坂から帝都テレビのニュース番組「帝都イブニング」のディレクター・稲葉リカのアテンド役を任される。しかし、リカは今の仕事を不服としており、加えて自衛隊にも良いイメージを持っていなかった。

2013年、日曜劇場でドラマ化

有川浩原作の小説「空飛ぶ広報室」を原作にしたドラマは、2011年にTBSの日曜劇場で放送が開始。
主人公・空井大祐は実力派俳優の綾野剛、自衛隊を取材する帝都テレビのディレクター・稲葉リカは新垣結衣が演じました。
個性的な大祐の先輩たちや上司である鷺坂を演じる柴田恭兵の名演技は必見です。

7.ストーリー・セラー

この商品の販売サイトをチェック

ストーリー・セラー

amazon.co.jp

詳しく見る

幻冬舎/全1巻/完結

あらすじ

本を読む事が好きな夫と小説家である妻。仲が良い夫婦の突如襲ったのは、妻が発症した「致死性脳劣化症候群」だった。それは、複雑な事を考えれば考えるほど徐々に脳が劣化し、やがて死に至る不治の病だった。

小説家という職業柄、考えないという事は不可能でしかない。どんな時も自分を応援し支えてくれる夫に妻はどんな選択をするのか。今までもこれからも、最高の読者である夫と小説家である妻の物語。

8.ラブコメ今昔

この商品の販売サイトをチェック

ラブコメ今昔

amazon.co.jp

詳しく見る

KADOGAWA/全1巻/完結

あらすじ

自衛隊員だって人間。乙女だっておっさんだって人妻だって、恋がなければ生きていけない。自衛隊員とその周りの人が織りなす超ベタ甘の作品を盛り込んだ短編集です。まるで少女漫画を読んでいるような甘々の小説です。

9.アンマーとぼくら

この商品の販売サイトをチェック

アンマーとぼくら

amazon.co.jp

詳しく見る

講談社/全1巻/完結

あらすじ

母の予定に付き合うと約束したため、沖縄に里帰りしたリュウ。リュウのは実母は幼い頃に死別しており、後妻と結婚しリュウを連れて沖縄に移り住んだ実父ももういなかった。

沖縄での休暇は3日。家族の思い出の地を巡るリュウだったが、やがて不思議な体験が始まる。おそらく猶予は、3日。美しい沖縄を舞台に家族の物語が始まる。

10.イマジン?

この商品の販売サイトをチェック

イマジン?

amazon.co.jp

詳しく見る

幻冬舎/全1巻/完結

あらすじ

子供の頃に見た映画に憧れて、映像の世界を志した良井良助。しかし、色々あって大学卒業後フリーターに甘んじるしかなかった良助だったが、ひょんなことから憧れの映像業界に入ることになった。

映像制作会社「イマジン」で働き始めた良助を待っていたのは聞きなれない現場用語とまだ何の経験も実績もないために周りの先輩たちのサポート作業。日々走り回る良助だったが、そこは現実と物語を繋ぐ魔法のような世界だった。

自分たちの仕事は、「必死で知恵を絞って想像すること」。憧れの映像業界で奮闘する良助は、やがて仲間たちが作品に傾ける熱意に焦がれるような思いを募らせていくのだった。

11.倒れる時は前のめり

この商品の販売サイトをチェック

倒れる時は前のめり

amazon.co.jp

詳しく見る

KADOGAWA/全1巻/完結

あらすじ

小説も収録された有川浩の初エッセイ集。小説家・有川浩が日々感じる事を綴りつつ、自身が好む映画や本、愛する人々や故郷・高知についても語られている。デビュー書籍「塩の街」の刊行前から今作が発表されるまでの既刊について丁寧にコメントされている本です。有川浩のファンなら必見の1冊でしょう。

まとめ

今回は、多くのメディア化がなされている有川浩の作品の中でも、特に面白い小説をご紹介させていただきました。
「映画やドラマは見たことがある」という方は、ぜひ原作小説も一度読んでみる事をおすすめ致します。
より有川浩の世界が楽しめる事間違いなしです。

関連リンク

  • 7/22 21:45
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます