昇格組ブレントフォード、セルティックからノルウェー代表DFを獲得

拡大画像を見る

 2021-22シーズンはクラブ史上初となるプレミアリーグでプレーするブレントフォードは21日、セルティックからノルウェー代表DFクリストフェル・アイエルを完全移籍で獲得したことを発表した。

 契約期間は2026年6月30日までの5年契約で、移籍金は非公開となっているものの、イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、1350万ポンド(約20億円)になるという。なお、パフォーマンス次第では追加料金を支払う可能性があるようだ。

 現在23歳のアイエルは身長198センチメートルのDF。2016年7月にノルウェーのスタルトからセルティックに加入した。同クラブでは公式戦通算176試合に出場し、7ゴール7アシストを記録。2020-21シーズンは公式戦46試合に出場し、2ゴール4アシストを記録した。また、2018年3月には代表デビューも果たし、これまで23試合に出場している。

 アイエル獲得に際し、ブレントフォードのトーマス・フランク監督は「我々は新たなセンターバックの獲得を望んでいて、クリスが第一候補だった。特にボールが持てるという点においては完璧に我々が求めていたところとフィットしている。クリスは非常に落ち着いていて、ライン間で正確にパスを送ることができる。空中戦でも強さを発揮する。良い年齢でもある。プレミアリーグでプレーする準備ができていると思う」と期待を寄せたコメントをしている。

関連リンク

  • 7/22 12:31
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます