五輪開会式曲 代役志願RGが構想!バッハあるある&「ロード」ちょうど1年前に~

拡大画像を見る

 23日の東京五輪開幕を目前に、冒頭4分間に使用予定だった楽曲がお蔵入りとなった開会式に関して、勝手に代役を志願しているレイザーラモンRGが、20日付ツイッターで、4分間のセットリストを発表した。

 RGは、これに先立つ投稿で「冒頭4分ならオリンピックあるある4曲歌えます」と志願していた。

 「開会式冒頭4分オリンピックあるある妄想セトリ」として公開したセットリスト。

 (1)栄光の架橋

(五輪ソングの代表曲)

 (2)バッハの旋律を夜に聴いたせいです(にのせてバッハ会長あるある)

 (3)ヘイ・ジュード(ロンドン五輪のポール・マッカートニーのモノマネで)

 (4)ロード(「ちょうど一年前に…」など歌詞がズバリハマる)

 以上を提案し「最高ですね」と記している。

 「バッハのあるあるを早く」「ロードを是非お願いします!」「辞任しがち、とかのオリンピックあるあるが降臨するのか…楽しみです」と反応するコメントが集まり、実現しなくても披露してほしいとの要望も届いている。

関連リンク

  • 7/21 19:58
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • いち(

    7/23 2:50

    YouTubeでやっとけ

記事の無断転載を禁じます