BTS ジョングク「プライベートダダ漏れ」レア動画に“当たり前だけど不思議”の声!【画像】

拡大画像を見る

 7月19日、韓国の人気グループBTSの新曲『Permission to Dance』がビルボードのメインシングルチャートの「HOT100」で初登場1位になったことが明らかになった。

「この快挙に『Permission to Dance』の作詞作曲に参加したイギリスの人気シンガーソングライター、エド・シーラン(30)が反応。彼は20日に自身のインスタグラムを更新し、“作曲家として4回目のビルボード1位。実現してくれたBTSとファンの皆さんに感謝します”と書き込みました」(情報誌記者)

 そんなBTSの意外なハプニングが今、ファンたちの間で話題になっている。

「7月15日にBTSの公式YouTubeチャンネルにアップされた動画には、メンバーたちが事務所のような場所で、新曲『Permission to Dance』のミュージックビデオを並んで鑑賞している姿が映っていました。ハプニングが起こったのは、動画の冒頭から2分ほどが過ぎた頃のことです。J-HOPE(27)ことホソクとジミン(25)の間に座っていたジョングク(23)のスマートフォンが、突然鳴り出したのです」(前出の情報誌記者)

■スマホ画面を確認する様子も…

 ミュージックビデオを見ていたジョングクは、自分のスマホが鳴りだしたことに気が付くと、「すみません」と慌ててズボンのポケットからスマホを取りだして、音量をオフに。

「隣にいたホソクこそ、ニヤリと笑ってジョングクのことを見ましたが、他のメンバーは特に気に留める様子もなく鑑賞を続けていました。ただ、さすがに気まずいと思ったのか、ジョングクもスマホを両手で隠すように持ってすぐにメンバーたちの話の輪に戻ったのです。

 ところが、少ししてどうしても着信相手が気になったのでしょうか? スマホを操作して画面を確認するジョングクの様子が映っていたのです」(前出の情報誌記者)

 この様子を見たファンたちからは、こんな声が上がっている。

「ファンたちからは、“めちゃくちゃ当たり前のことなんだけど、グク(※ジョングクの愛称のスマホも鳴るんだね”“グクに電話をかける人がいるってなんか不思議”“着信音が普通で意外だった”“ある意味レアな動画になったね”などの声が溢れ、ジョングクの素顔を垣間見たようで嬉しかったファンも多かったようです」(前同)

 ファンたちがさらに知りたいのは……グクのスマホを鳴らした相手だろうか?

関連リンク

  • 7/21 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます