塚本舞 5thシングルリリース決定、ちょっぴりいなたいハウスサウンドに挑む

塚本舞が5thソロシングル『Baby Girl』を7月21日に配信リリースする。


2019年にソロアーティストとしての活動をスタートさせ、ケンカイヨシ、松永天馬(アーバンギャルド)、ARM(IOSYS)などを楽曲プロデューサーに迎え、様々な音楽ジャンルに挑戦してきた塚本、『Baby Girl』は、そんな塚本舞ソロプロジェクト第5弾楽曲となる配信シングル。ケンカイヨシが楽曲プロデュースを手掛け、ケンカイヨシ自身もコーラスに参加。RAPパートには、GOMESSをゲストに迎えた。


ハウス&ファンクな曲調で、ソロデビュー2周年を迎えた塚本舞の新境地を開拓するナンバーとなっている。


<塚本舞コメント>

プロデュースしていただくのは三回目となるケンカイヨシさん。これまで挑戦したことのないテイストを!とリクエストさせていただき、ちょっぴりいなたいハウスでファンクな楽曲が誕生しました。

王道の懐かしさもありつつ、現代のギミックも詰まった、新しく楽しい一曲になっています。まいぷにの新境地、ぜひご賞味ください!



関連リンク

  • 7/20 20:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます