NEWS増田貴久「ボイスⅡ」突然のキスシーンにファン騒然「心の準備してなかった」 相手役・片山友希にも注目

【モデルプレス=2021/07/18】俳優の唐沢寿明が主演を務める日本テレビ系土曜ドラマ「ボイスⅡ 110緊急指令室」(毎週土曜よる10時~)の第2話が17日、放送され、NEWSの増田貴久が演じる石川透のキスシーンに注目が集まった。<※以下ネタバレあり>

◆「ボイスⅡ 110緊急指令室」2話、石川透(増田貴久)に犯人がキス

同作は、通報からの10分間が生死を分ける、タイムリミットサスペンス。2019年7月から放送され、『この夏イチバンの恐怖』と話題になり、ヒットを記録した「ボイス 110緊急指令室」の第2弾。

緊急指令室「ECU」が舞台で、増田演じる石川は敏腕刑事・樋口彰吾(唐沢)のバディ。前作では過去の過ちから内通者として真犯人に協力する裏切りを犯してしまったが、月日を経て警察官に復帰し、再び樋口のバディとなっていた。

初回から引き続き、白塗りの男とその共犯者・二ノ宮純名(片山友希)による樋口の息子・大樹(鳥越壮真)の誘拐事件を描いた2話。ECUから耳を澄ますひかり(真木よう子)の力を借り、純名を追い詰めた石川。しかし、純名は「かつてあなたは人を殺した、撃てるの、透ちゃん?」と石川に問いかけ、体に巻きつけた爆弾を見せると、近くにいた子ども達の群衆に向かって行った。

石川は子ども達を助けるため純名の胸を撃って爆発を無事に止めたが、倒れた純名は息絶える直前に「ようこそ、こちら側に…」と石川に告げ、口づけをした。

◆増田貴久のキスシーンに衝撃

放送開始からまもなく、想像していなかったいきなりのキスシーンに視聴者からは「びっくりした…」「全然心の準備してなかった」「なかなか衝撃」「まさかボイスでするとは」と驚きの声が殺到。

さらに石川の苦しみが続くような展開にも心配の声が寄せられたほか、「すごく良い演技だった」「俳優として覚悟を感じたな」とこれからの増田の演技に期待が寄せられている。

◆増田貴久とキスシーンを演じたのは片山友希

純名を演じた片山は、これまでNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」、ドラマ「セトウツミ」「俺のスカート、どこ行った?」「ブラック校則」、映画「君が世界のはじまり」「あの頃。」などに出演。

前クールのドラマ「探偵☆星鴨(ほしかも)」では、Hey! Say! JUMPの有岡大貴演じる探偵の助手を演じた注目の女優だ。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/18 15:10
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます