甘えてほしいのに…。年下の彼女に物足りなさを感じる瞬間9パターン

年上の男性とお付き合いすると、同世代との交際に比べて距離感がわからず、つい遠慮がちに接してしまうもの。しかし、その気遣いが裏目に出てしまう場合もあるので、気を付けたほうがいいかもしれません。そこで今回は、20代から30代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「甘えてほしいのに…。年下の彼女に物足りなさを感じる瞬間」を紹介します。

【1】食事の会計で、かたくなに割り勘を主張されたとき
「店で押し問答するのが恥ずかしい」(30代男性)など、年下でも対等であろうとするあまり、「奢り」を拒んで妙なムードを招いてしまうパターンです。喜んでほしいという彼氏の気持ちを察して、たまには素直にご馳走になりたいものです。

【2】荷物を持ってあげようとして断られたとき
「自分のものは自分で持つから!と手をはねのけられてビックリ」(20代男性)など、善意で手を差し伸べた彼氏をピシャリと退けるのも、やりすぎかもしれません。「年上だから」ではなく、「愛する女性を大切にしたいから」優しくしてくれるのだと解釈すれば、親切を受け入れられるのではないでしょうか。

【3】こちらの都合で会えない日が続いても、「寂しい」などと言ってもらえないとき
「自立したタイプなのはありがたいけど、もうちょっとデレたところを見せてほしい(笑)」(20代男性)というように、年下の彼女ならではのかわいいワガママを待っている男性もいます。しょうもない願望かもしれませんが、ときにはサービスのつもりで「会えなくて寂しいよー(泣)」などとメッセージを送ってあげましょう。

【4】付き合ってだいぶ経つのに、いまだに敬語を使われるとき
「距離を置かれているようにしか思えない」(30代男性)など、誰より親しい間柄であるはずの「彼女」が敬語をやめないのも、彼氏にとっては不本意なことのようです。年上の人にタメ口を使うのは抵抗があるかもしれませんが、相手が望むなら思い切って口調を変えてみたいところです。

【5】お願い事がありそうな様子なのに、頼ってくれる気配がないとき
「なんでも一人で解決しようとする彼女に、ちょっと寂しい気持ちになりました(苦笑)」(20代男性)というように、困ったときにも助けを求めるそぶりがないと、彼氏に肩透かしを食わせてしまうようです。「年上なのに、俺ってそんなに頼りないの?」と自信を喪失させてしまうおそれもあるので、少しはアテにしてあげましょう。

【6】もっとスキンシップしたいのに、手を触れようともしてくれないとき
「ホントに自分を好きなのか、疑問に思ってしまう」(20代男性)というように、肌を触れ合おうとしないそっけない態度で、彼氏を疑心暗鬼にさせてしまうパターンです。「こんなおっさんは嫌なのかも…」などと密かに悩んでいる可能性もあるので、ほどほどのスキンシップは必要かもしれません。

【7】誕生日に行きたいお店を聞いても、なかなか切り出してもらえないとき
「冗談でもいいから『特上のお寿司!』とか要求してくれたらいいのに…」(30代男性)というように、遠慮して「行きたいお店」などをはっきり言わないのも、彼氏をもどかしい気持ちにさせてしまうようです。どうしても決められないのであれば「お任せするね!エスコート楽しみだな」と自尊心をくすぐる言い方で頼るのもよさそうです。

【8】ほかの人には相談するくせに、自分には何も話してくれないとき
「悩みも打ち明けてくれないし、自分の存在って何?と悲しくなります」(30代男性)など、「相談相手」に選んであげなかったせいで、年上の彼氏が拗ねてしまったケースです。「年下でも、ちゃんとしなきゃ」と肩ひじを張るのではなく、彼氏の「年の功」を信じてアドバイスを求めましょう。

【9】泣きそうになっているくせに、自分の前では涙を見せてくれないとき
「我慢なんてしなくていいのに。もっと素の彼女を知りたい…」(20代男性)というように、強がり過ぎてしまう女性も、年上の彼氏に残念な思いをさせてしまうようです。交際開始当初ならともかく、付き合いが深くなっていったら、自然体で接したほうが無理なく一緒にいられるでしょう。

遠慮せずに甘えてほしいというのが年上の彼氏の本音のようです。「年齢差」に身構えすぎず、リラックスして交際を楽しみたいものです。(佐々木正孝)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/18 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます