えっまた…!?気を抜いたころに訪れた2回目の恐怖【扉の向こうに誰かいる。Vol.16】

大学進学のため、東京で一人暮らしを開始した主人公「ちな」。

キラキラとした新生活を想像するも、急いで決めたアパートではだんだんと恐ろしいことが起き始めます。

幽霊よりも怖いのは、実は人間だったりして……。

扉の向こうに誰かいる。Vol.16



大家さんから明日玄関の穴を修理すると連絡が来て、すっかり安心しきったちな。

コンビニから戻って来てすぐに、廊下で服を脱いでお風呂に入ろうとした瞬間……!





なんと、ガムテープで塞いでいた穴が、また開いている!?

気を抜いて裸になってしまっていたちなはこの後……?

次回もお楽しみに!

(ちなきち)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/17 20:00
  • LAURIER PRESS(ローリエプレス)

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます