菅原明良騎手がJRA通算100勝達成「努力を怠らず頑張っていきたい」

拡大画像を見る

 17日の福島5R・2歳新馬で、セプテンベル(牝2、美浦・武井亮厩舎)に騎乗し1着となった菅原明良騎手(美浦・高木登厩舎)は、現役97人目のJRA通算100勝を達成した。

【菅原明良騎手のコメント】
「まずは、馬主の皆様、調教師の皆様、そしてサポートいただいている関係者の皆様に対し、感謝の気持ちでいっぱいです。皆様のサポートがなければここまで来られなかったと思います。無事に100勝を達成することができて良かったです。

 100勝は通過点と思っていますし、自分自身まだまだ未熟で技術を上げていかないといけないので、達成したからといって努力を怠らず、これからも日々頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします」(JRAのホームページより)

 菅原明良騎手は、JRA所属馬騎乗時の地方成績も合わせると通算101勝に到達。来週から☆印(平場の負担重量-1kg)はなくなり、減量騎手卒業となる。

関連リンク

  • 7/17 21:45
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます