「まだまだ力の差を感じた」スペイン戦 先制点の堂安律「僕たちのミスと言うより…」

拡大画像を見る

 U-24日本代表MF堂安律が、17日に行われたキリンチャレンジカップ2021のU-24スペイン代表戦を振り返った。

 右サイドハーフとして前半の45分間に出場した堂安は、42分に久保建英の折り返しを豪快に押し込んでチームに先制点をもたらす。しかし日本は78分に追いつかれ、東京オリンピック前最後の強化試合は1-1に終わった。

 堂安は試合を振り返って、「最初から間違いなくボールを持たれるというのは話していましたし、前半に決定機を与えなかったのはポジティブです。ただ、ああいう相手にもボールを保持したい、というのは試合後にミーティングで出たし、僕自身失う場面があったのは反省点です」とコメント。また、優勝候補の強豪国と対戦した印象にも言及している。

「スペインのような格上にどうやって勝ち点3を取るかの共通認識はできましたけど、今日の試合はまだまだ力の差を感じたのが正直な気持ちです。(五輪)開幕からも毎試合上手くなれるようにしたいです」

「彼らはよくサッカーを知っているし、ワンタッチのプレーをしていました。味方がどこにいるかを見ていなくても、サッカーをわかっているからできること。賢さを感じたし、僕たちのミスと言うより彼らのサッカーの知識でやられるシーンが多かったので、日本もそういうところをやっていかなきゃいけないです」

 ゴールシーンについて、「行けそうなときは仕留めに入るという中で建英からいいボールが来て、前半シュート打ってなかったので思い切って打ちました。マイナスからのシュートは練習していたのでよかったです」と振り返った堂安。10番として4試合連続でゴールを記録していることについては次のように語った。

「もちろん緊張感を与えてくれる番号ですし、この番号が僕の成長の手助けをしてくれたらいいと思っているので、それがピッチの上での結果に影響しているのはありがたいです。ゴールは選手にとって1番の数字ですし、1番自信を与えてくれるものが4試合出てるのは自信になります。けど、出来は良くなかった。理想の10番像には遠いので大会期間中少しでも近づけるようにしたいです」

 堂安は久保とのコンビネーションにも言及。「お互い特に話したり意識はしていないですけど、彼に預ければチームにプラスになると信頼しています。逆に彼からもそういう信頼を感じるので、共通認識が持てていると思います」と良好な関係を築けていることを明かした。

 堂安は最後に五輪への意気込みを次のように示している。

「無観客はすごく残念。スポーツの力を信じているし、理屈じゃ説明できないなにかがあると思っているので、金メダルとって日本の皆さんに届けたいです。まずは初戦が大事になるので、金メダルを意識しながら目の前の相手に勝つ。あとは賢く勝ちながら総合力で勝つことが金メダルの近道だと思います」

関連リンク

  • 7/17 22:49
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます