「新感覚な大人の贅沢…?!」ローソン【極上の絶品グルメ】に驚きの声殺到…

ローソンスイーツの看板商品「バスチー」に、7月13日、新しいフレーバーが登場しました!
今回のバスチーは、若者にも人気のほうじ茶味。

新しいフレーバーが登場するたびに話題をかっさらうバスチーですが、ほうじ茶のコラボは果たしてどんな表情を見せてくれるのでしょうか?

(1)ちょっと色黒なワイルド系?




本日発売されたばかりの「バスチー バスク風ほうじ茶チーズケーキ」。
ローソンに行くと、ちょうどスタッフさんがスイーツの棚出し作業中。
ケースから探してもらい、新商品をゲット!

太陽を連想させるギラギラオレンジのパッケージに、こんがり焼けたバスチーが見え隠れしています。
なんだか今回のバスチーは、ラテン系のワイルドなイメージです(笑)

(2)ダブルほうじ茶パウダーが本格的




ちょっとスモーキーな、ほうじ茶カラーが渋〜いバスチー。
ひと口食べると、芳醇なほうじ茶の香りがふわっと広がります!

焙煎方法が違う2種類のほうじ茶パウダーを使っているんですって。
とっても本格的で、ほうじ茶スイーツファンも、思わずうなってしまいそう!

(3)濃厚カラメルソースがたまらない




ローソンのバスチーは、本来のバスクチーズケーキの特徴である焦げ目を、カラメルで表現しているのが特徴ですよね。

今回も、底面にカラメルソースが染み込んでいます。
濃厚なソースが、深みのあるほうじ茶フレーバーと見事にマッチしています。

 

(4)チーズ×ほうじ茶ってどんな感じ?




バスチーならではの、レアのようなベイクドのような独特のやわらかさは健在でした。
舌の上で転がしながら食べるのが最高!

ひと口食べると、ちょっと固めのほうじ茶プリンのようなイメージ。
でも、後からチーズの酸味が追いかけてくるという不思議な味わいです。

ほうじ茶×チーズ両方のコクと独特の美味しさが、とっても新鮮でした!


チーズ感たっぷりのノーマルなバスチーや、抹茶バージョンも美味しいですが、ほうじ茶フレーバーは独特の複雑な美味しさが魅力です。
チーズケーキらしさより、ほうじ茶感が全面に出ている印象でしたが、それはそれでスイーツとして二重丸。

ほうじ茶ファンの方にもきっと大満足できる美味しい商品なので、ぜひ期間中に食べてみてくださいね!

※記事内の情報は執筆時のものになります。
価格変更や、販売終了の可能性もございますので、ご了承くださいませ。


(liBae編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/17 12:35
  • liBae

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます