資産2億円の高卒・元自衛官が教えるお金が貯まらない本当の理由

拡大画像を見る

 コロナ禍をはじめ、社会や経済が不安定な今。だれもが「お金持ちになってラクになりたい」と考えているはずだ。しかし、大半の人がうまくいかない。そんななか、億万長者への第一歩として“正しいお金の使い方&節約”の重要性を説くのは、高卒の元海上自衛隊員で現在は投資家の生方正さんだ。

「お金が貯まらない理由は、自分のやりたいことがわかっていないからなんです。わかっていれば当然、節約するようになるはず。次第に、お金の使い方の費用対効果が考えられるようになる。その能力を投資にもっていくと、最終的にはリタイアできる」

 自衛隊に在籍していた当時から投資と節約術を駆使して“億り人”に。46歳でアーリーリタイアを実現した。そして、『「金持ち脳」になって自由な人生を手に入れる 攻めの節約』(WAVE出版)を上梓した生方さんに、お金持ちになるための基本的な考え方を聞いた。

◆「やりたいこと」「実現したいこと」を明確にする

 億万長者と聞けば、派手に遊んでいるというイメージを持たれるかもしれない。だが、生方さんは、かつて海上自衛隊員として南極まで行ったほど。その功績で7度の表彰を受けるなど、真面目に勤務していた。その一方で、投資と節約を実践することで、退職時には2億円を超える資産があったという。現在は不動産、株式などの不労所得で年収1000万……。

「私は高校時代、偏差値45程度で大学にも行けませんでした。そんな人間でも“やりたいこと”を明確化して億の資産を築くことができました。いま振り返ってみると、勉強や努力はもちろんですが、『節約』が人生を変えてくれたと思います。当初は面倒で効果が低いと思っていましたが……。

 私の場合は、元気なうちに旅行がしたかった。老いる前にユーラシア大陸横断のような旅したい。それが『目的』です。実現するためには、何が必要か。健康、時間、お金です。

 健康は仕事で運動をしていたのでケガに気をつける。節約して元手を作り、投資によりお金にお金を稼いでもらえば、自動的に時間は手に入る」

◆たんなる“ケチな人”ではない

 今でも体に染み付いた節約を実践しているという生方さん。目先の欲にかられて支出するべきではないという。具体的には、将来役に立たないコト、必要がないモノ、会いたくない人や嫌いな人に、わざわざお金と時間を使うべきではないのだとか。

 一見、“ケチな人”と思われるかもしれないが、そうではない(じつは、筆者は生方さんと知り合って10年になる)。単純に「時は金なり」なのである。

 たとえば、次の質問にみなさまはどう答えるだろうか。

あなたの自宅から200メートル離れたスーパーで、定価120円のペッドボトルの水が100円で売られていたとします。一方、毎日の帰り道沿いにあるコンビニエンスストアでは定価です。あなたはどちらで買いますか?>(『「金持ち脳」になって自由な人生を手に入れる 攻めの節約』より抜粋)

◆お金持ちの考え方は?

 生方さんによると、「コンビニで買う」と答えた人は、お金持ちになれる素質があるという。

「なぜなら、時給1000円だとすれば、安いものを購入するために30分も費やしたら500円損すると考えます。だから近くのコンビニで買った方が少し高くても結果的にはお得なんです」

 生方さんは、友人との“お付き合い”の飲み会などは、お金を失うだけではなく、限りある時間を自分のスキルアップに使えないことが損失になると考える。二次会やシメのラーメンなども余計な出費で、健康を害することになるので控えるべきだという。

 とはいえ生方さんは、大切な人や世話になった人にはご馳走をする。筆者も某高級ホテルで美味しいステーキをご馳走になったことがあるが、お礼を伝えると「普段お世話になっているし、海外旅行の時には現地の人を紹介してもらっているので当然ですよ」と言う。

 要するに、「付き合う人を考える」ということなのだとか。

◆付き合う人を考える

「付き合う人で人生が変わります。もしも今の現状が嫌ならば、付き合っている友達を変えればいいんです。『自分と時間を共有する5人の平均年収が自分の年収』。これはアメリカの有名なコンサルタントが残した言葉ですが、私はおおむね正しいと思っています」

 学歴や仕事、収入により行動範囲が変わるため、自分が出会う人は必然的に同じ階層の人になってしまうという。

「私が海上自衛隊の護衛艦で勤務していたとき、時間を共有する人は職場の同僚でした。年間230日も船の中で働いて帰宅できないのですから、ほかの選択などありません。 多くの隊員の関心は、外出してパチンコやパチスロなどの賭け事と飲酒。私は自分で苦労して稼いだお金を遊興費ではなく、『旅行やスキーなどの体験に使いたい』『バッグや靴など長く使えるいいものを買いたい』と考えていたため、会話がかみ合うことはありませんでした。

 私は30代前半で、『職場の色に染まる人は、賭け事や飲酒でお金を減らす』『投資家と時間を共有すればお金に関する知識が増えて資産が増える』と気づきました」

◆価値あると思えることに支出する

 船で勤務する自衛官は、食事が無料で提供され、給料は3割増で支給される。その安心感が仇となり、浪費癖が身についてしまう人も多かったんだとか。

「古くからある日本のことわざに『朱に交われば赤くなる』があります。『人間は、付き合う人の良し悪しによって善悪どちらにも感化される」という意味です。

 私が同僚や先輩のようにギャンブルに溺れなかったのは、早い段階で、使うべきお金の方向が見えていたからです。一時の快楽を味わうことより、『価値あると思えることに支出する』『自分のステージを上げることに投資する』ことを優先したのです」

 生方さんは現在、投資や執筆業のほか、講演会なども行っている。コロナ前までは定期的に海外旅行にも出かけていた。誰もが羨む生活をしているが、高卒で学歴もコネもなく、資産ゼロの状態から億万長者になれたのだ。彼の考え方を参考に、できることから始めたい。

<取材・文/嵐よういち>

【嵐よういち】
旅行作家、旅行ジャーナリスト。著書の『ブラックロード』シリーズは10冊を数える。近著に『おそロシアに行ってきた』(彩図社)がある。人生哲学「楽しくなければ人生じゃない」

関連リンク

  • 7/17 8:54
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • あきひろ

    7/17 10:10

    プロセスに投資が入ってるからあんまり参考にはならないし。投資って行為自体は結局何も生産しない誰かに損をさせて誰かが得するマネーゲーム。この人はたまたま運が良かっただけのことをパチンコで勝ったとの自慢話と同じ。

  • そもそも『お金持ちになってラクになりたい』ていうのが間違い

記事の無断転載を禁じます