2週連続“世界トレンド1位”『彼女はキレイだった』反響がスゴイ

拡大画像を見る

カンテレ・フジテレビ系で毎週火曜よる9時放送。Sexy Zoneの中島健人と小芝風花がダブル主演の連続ドラマ『彼女はキレイだった』。


さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島健人)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝風花)という真逆の成長を遂げた二人の“すれ違う初恋”の行方を描く、この夏一番の胸キュンラブ・ストーリー。


6日放送の第1話では、長谷部宗介・佐藤愛の変貌ぶりや、閉じ込められたエレベーターの中で、愛に宗介がした“壁ドン”シーン、愛きょういっぱいのファッション誌「ザ・モスト」編集部員・樋口(赤楚衛二)の登場シーン、愛の身代わりとして梨沙(佐久間由衣)が宗介と会うシーンなどが話題となり、Sexy Zoneが歌う主題歌『夏のハイドレンジア』が流れるとSNSは大盛り上がり。


Twitterでは「#彼女はキレイだった」のワードが世界トレンド1位となり話題となった。こうした放送終了後の大きな反響を受けて、第1話無料見逃し配信(カンテレドーガ、TVer、GYAO!)は、火曜よる9時ドラマとしては、歴代3位となる約209万回再生を記録(1位は2019年『まだ結婚できない男』第1話、2位は2021年『大豆田とわ子と三人の元夫』)。



韓国で大ヒットした原作をもとに日本版にリメイクしたラブストーリーが、日本でも大きな話題となっており、13日放送の第2話でもTwitterで「#彼女はキレイだった」のワードが再び世界トレンド1位となり2週連続で1位となった。次回、第3話は20日(火)よる9時から放送。


『彼女はキレイだった』

毎週火曜夜9時(カンテレ・フジ系全国ネット)

【出演】中島健人 小芝風花 赤楚衛二 佐久間由衣

髙橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.) 宇垣美里 寒川綾奈 村瀬紗英 山田桃子

/ LiLiCo 木村祐一 菅原大吉 / 本多力 片瀬那奈 他

【原作】「彼女はキレイだった」ⒸMBC /脚本 チョ・ソンヒ

【主題歌】Sexy Zone「夏のハイドレンジア」(Top J Records)

【オープニング曲】Awesome City Club「夏の午後はコバルト」(cutting edge)

関連リンク

  • 7/16 16:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます