相葉雅紀『VS魂』が衝撃大迷走!ファン置き去りで「クソつまんない」非難轟々!!

拡大画像を見る

 1月3日にスタートした、嵐の相葉雅紀(38)がキャプテンを務めるゲームバラエティ番組『VS魂』(フジテレビ系)。昨年12月まで嵐が出演していた『VS嵐』の後を継いで、新たにジャニーズの若手人気メンバーを投入し華々しく始まったものの、視聴率は下落してしまった。

「『VS嵐』時代の2019年1月の嵐の活動休止発表から昨年12月までの約2年間、世帯視聴率では約11%がありました。『VS魂』は、1月3日の初回放送で平均世帯視聴率は9.0%、個人視聴率6.0%。レギュラー放送初回となる1月14日の世帯視聴率は9.1%という数字を残していたのですが、現在の世帯視聴率は6%台で、『VS嵐』時代からは5%も下がっています」(制作会社関係者)

 その一方で、ダウンタウンの松本人志(57)がツイッターで言及して話題になった“コア視聴率”で比較すると、また別の見え方ができるという。

「『VS魂』のコア視聴率は大体3〜4%台。横並びの番組で比較すると、『プレバト!!』(TBS系)が2%台、『THE突破ファイル』(日本テレビ系)が5%台のため、『VS魂』は横並びで2番手につけていて、及第点と言えそうな数字を残しています。

 ただ、『VS魂』はゲストが毎回のように豪華な上、ゲームのために作られるスタジオのセットもおそらく億単位のお金がかかっている。つまり相当なコストがかかっているということもあり、フジテレビとしてはもう少し数字を上げてほしいというのが本音でしょうね」(前同)

■大幅テコ入れなのに説明なしでスタート

 こうした中で、7月15日の『VS魂』では、放送開始7か月目にしてついにスタジオを飛び出し、陸上競技場、プール、テーマパークといった場所でゲストメンバーと対決を行う新企画が始まった。

「番組の雰囲気は先週と様変わりしていました。それにもかかわらず、放送開始していきなり、何の説明のないまま、相葉、風間俊介(38)、ジャニーズWESTの藤井流星(27)、King&Princeの岸優太(25)、SexyZoneの佐藤勝利(24)、ジャニーズJr.内のグループ・美 少年の浮所飛貴(19)のレギュラーメンバーによる徒競走がスタートしたんです。

 その後、スタジオでのトークパートで相葉から新企画が行われるとの説明が少しあったものの、レギュラーメンバー対四千頭身、もう中学生(38)、鈴木奈々(33)、浜口京子(43)の混成チームによる400mリレーを2回。そして、佐藤、岸、藤井、浮所対よゐこの濱口優(49)、あばれる君(34)、A.B.C-Zの塚田僚一(34)、那須川天心(22)による4×25mのメドレーリレー対決が行われました」(テレビ誌ライター)

 番組開始からここまでわずか12分程度。展開が非常に早く、トークもほとんどないため、ほぼ盛り上がりがないまま、番組は淡々と進行していったという。

「その後、相葉と風間ペア、ティモンディの高岸宏行(28)と丸山桂里奈(38)で、東京ドイツ村の芝ソリゲレンデを使った“ボウリング対決”が行われました。ここまでトントンと2本のVTRが流れたのに、この企画は短いスタジオトークとCM含めて約28分も放送。急激にペースがダウンしたせいで、妙に長ったらしい印象を受けてしまいましたね」(前同)

■なぜか防火服を着て料理!視聴者も「今夜のVS魂やばいね」

 番組の最後には、体を使った対決から一転、『新発見!マッチング炙り対決』と題した、3種類の食材を組み合わせて斬新かつおいしい炙り物料理を作って、プロの料理人と美食家が採点。その点数を競うという料理対決が行われた。

「まず、ここでなぜ料理対決なのかと面喰いましたね……。ゲストチームには夏菜(32)と朝日奈央(27)。レギュラーメンバーから相葉、佐藤、浮所が対決に参加。レギュラーチームの3人がなぜか防火服を着ていました。また、両チームとも料理に力が入りすぎたのか、トークもさほど行われず、特に大きな盛り上がりがないまま対決が終了し、そのまま番組もラストを迎えました」(前出のテレビ誌ライター)

 番組開始7か月目にして突然の、かつ大幅なリニューアル。視聴者からは、「突然のVS魂の路線変更衝撃すぎる。ど〜したん.....?」「いや、VS魂どうした? 来週もこのまま? え? ちゃんと考えて」「VS魂なんだか迷走感あるなやりたい事がブレブレだ…」「今夜のVS魂やばいね、いろんなもの詰め込みすぎていちいち説明がなくてやばい」「いやVS魂もね顔は良いの、走ってる姿も泳いでる姿も、天然な所も良いの……。でも内容がクソつまんないの……」といった声がSNSに多数寄せられている。

「フジテレビでは、6月25日に遠藤龍之介氏から金光修氏へと社長が交代するなど、今夏大きな人事異動がありました。そうした状況下で『VS魂』のスタッフにも、“数字を上げないと”という大きな焦りがあるのではないでしょうか。そのプレッシャーの中、今回の“迷走”という声が殺到している新企画を断行したのかもしれませんね」(前出の制作会社関係者)

 7月15日の放送回の視聴率は世帯6.4%、個人3.9%。前回7月8日は世帯6.1%、個人3.6%だったので、ほぼ変化はしていないと言える。

「ただ、今回の放送を受けて、ですよね。迷走と感じている視聴者が多数いる現状では、見るのをやめてしまう人も出てきそうですよね……。番組関係者は、来週以降の数字をハラハラして見ることになるのではないでしょうか」(前同)

 次回7月22日の放送でも、今までのスタジオでのゲーム対決ではなく、ぼる塾との料理対決など新路線が放送されると告知されている。

 相葉は嵐の活動休止について、「『活動休止』と書いて『パワーアップ』と読む」と話していたが、彼がリーダーを務める『VS魂』に関しては、大きくパワーダウンしてしまったのかもしれない……。

関連リンク

  • 7/16 12:12
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • そもそもバラエティー番組なんて出演してる芸能人が楽しいだけで見てる側には何もないけどね(^^; 個人的には芸能人が楽しい思いしてなおかつそれが仕事なのを見せられて何が面白いのか全く理解不能です┐('~`;)┌ 視聴者にお金払うからお願いですから見てっていうシステムなら見るかも知れないけどね(笑)

  • ***

    7/19 22:49

    写真の男、うだつの上がらない顔やな。誰か知らんけど

  • TAMAちやん

    7/19 10:06

    嵐五人でやってた番組を、嵐より知名度の低いメンバーで同じことやれば物足りなさを感じるのはあきらか。若い子に人気のメンバー集めてるんだから嵐五人と比べられないような内容にすべきだったとは思う。今から変えても今までのを見てつまらないと思った人はなかなか戻ってこれない。みんなの動物園もそう。相葉くんひとりで責任感じてなきゃいいけどなぁ。

記事の無断転載を禁じます