【必読】「ポケモンGOフェスト2021」完全攻略マニュアル・2日目編

拡大画像を見る

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! GOフェス本番に向けて準備は万端かな? お兄さんは最後の1秒までハイパーボールをかき集めるつもりだけど、この前のヒトカゲのスポットライトアワーで400くらい無くなっちゃったよ……でも後悔はしてないさ!! ヒトカゲいいもんね!

それはさておき、今回は『ポケモンGOフェスト2021 完全攻略マニュアル・2日目編』と題して、GOフェス2日目の攻略方法をお届けしたい。おそらくトレーナーによって立ち回りが大きく変わってくる2日目だが、果たしてどんなプレイスタイルが正解に近いのだろうか?

・前提条件

まず申し上げておくと、この記事は「チケットあり」を前提に執筆している。GOフェスはチケットが無くてもある程度は楽しめるうえ、2日目の目玉「レイド」はチケット未購入でも参加が可能。ただし2日目は特にチケット(610円)がお得だ。

GOフェス2日目も「野生」「おこう」ともに出現するポケモンは初日と変わらない。当初は「レイドをガッツリ周回する!」という人も多かったようだが、基本的には「野生とおこうの色違いを追いかける」のが2日目の基本スタイルとなりそうだ。

で、ここで2日目のレイドに関するボーナスをご覧いただこう。どう考えても610円どころじゃない、お得な内容となっている。

・ レイドのXPがプラス1万
・ レイドパスが最大10個獲得可能(ジムのフォトディスクを回す)
・ リモートレイドパスが最大8個獲得可能(タイムチャレンジ)
・ リモートレイドパスが3個獲得可能(ショップに無料ボックスが登場)

ご覧のようにGOフェス2日目は、合計21個のレイドパスおよびリモートレイドパスが手に入る。これを大盤振る舞いと言わずなんと言おう? 普通なら610円じゃ買えないことだけは確かである。

・伝説レイドはどこまでやるべきか問題

ご存じの方も多いと思われるが、GOフェス2日目のレイドには過去に登場した「全ての伝説のポケモン」が登場する。ミュウツーはもちろんのこと、ディアルガ・パルキア・カイオーガ・グラードン……などなど、鼻血を禁じ得ない豪華ポケモンのオンパレードだ。

どのポケモンがどの時間に出現するのか? 以下でご確認いただきたい。

風(10:00 ~ 11:00 / 14:00 ~ 15:00)

ミュウツー、クレセリア、トルネロス(れいじゅうフォルム)、ラティオス、ラティアス、ホウオウ、ギラティナ(アナザーフォルム)、レジギガス、ビリジオン

溶岩(11:00 ~ 12:00 / 15:00 ~16:00)

ファイヤー、エンテイ、レジロック、ヒードラン、ランドロス(れいじゅうフォルム)、レシラム、グラードン、イベルタル、テラキオン

極寒(12:00 ~13:00 / 16:00 ~ 17:00)

フリーザー、スイクン、レジアイス、キュレム、カイオーガ、ルギア、パルキア、ユクシー

雷(13:00 ~ 14:00 / 17:00 ~18:00)

サンダー、ライコウ、レジスチル、ボルトロス(れいじゅうフォルム)、ゼクロム、レックウザ、ディアルガ、ゼルネアス、コバルオン

まず “ライト勢” や “復帰勢” と呼ばれる方たちは、伝説レイドにガンガン突撃すべきだろう。持っていない伝説ポケモンの図鑑を一気に埋めるならここしかない! ご自身のBOXと相談しながら力の限り伝説レイドに挑んでいただきたい。

一方の “ガチ勢” にとって今回の仕様は「やりづらい」というのが正直なところではないだろうか? お目当てのポケモンを集中的に狙うには時間も短く、何より散らばりすぎている──。ズバリ、高個体狙いやアメXL集めには向いていない。

・取り返せそうなのは

ただし、多くのトレーナーが集中すると思われていた「ミュウツー」「ディアルガパルキア」に関しては、GOフェス2日目にわざわざ頑張らなくてもいいかもしれない。なぜなら両ポケモンとも近日中に伝説レイドで登場する……っぽいからだ。

まずミュウツーに関しては7月16日から7月23日まで、伝説レイドに出現することが確定している。ディアルガとパルキアも、GOフェス後に開催される「ウルトラアンロック」で登場する可能性が非常に高い(確定ではない)。

つまりGOフェス2日目は「もらったレイドパスの分だけ好きなレイドをやる」のが正解に近いのではないだろうか? 当然、お目当ての伝説レイドに突撃しまくることも否定しないが、今回の仕様で「アメXL296個」などを達成するのは難しい。あくまで「ボーナス」と捉えるのが精神衛生的にも健全だろう。

・もらった分だけやれ(推奨)

であるならば、まずはその日に獲得できる「最大21個のレイドパス」を使用し「後はお好みで」がイイ……気がする。少なくともレイドパス10枚分に関しては、イベント期間中に使い切ってしまおう。

・GOスナップショットをお忘れなく

もう1点、レイド以外だと特別な衣装の「サーナイト」もしくは「フライゴン」は、GOフェス2日目での登場が予告されている。こちらはGOスナップショットの映り込みでゲットできるから、どなた様も撮影を忘れてしまわぬようご注意いただきたい。

まとめると、ロケニューポケモン部的「GOフェス2日目の立ち回り方」は、「野生やおこうの色違いを狙いつつ、合間合間にもらった分だけレイドに突撃」がオススメだ。その際、忘れがちな「GOスナップショット」もしっかりケアしておこう。

というわけで、いよいよ開幕する年に1度のビッグイベント、ポケモンGOフェスト2021。体調管理を万全に、全力でGOフェスに臨みたいところだ。とりあえず雨だけ無しの方向でオナシャス……! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2020 Pokemon. c1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

関連リンク

  • 7/15 6:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます