“金目当て”で開業医の一人娘を射止めたけど…。結婚後に発覚した、まさかの誤算

「愛ではなく、金目当てで結婚するのは女性だけだ」という考えは、もうひと昔前のものなのかもしれない。

男にだって“玉の輿願望”があると、私たちはなぜ気づかなかったのだろう。

これは逆・玉の輿で成り上がりたいと願い、夫婦になった男と女の物語。

あなたの周りにも、逆玉狙いの男がいるのかも…?そこのお嬢さんも、どうぞお気をつけて。

超がつくほどイケメンの医大生・拓(27)


「うわ、まじか…」

私立医大に入学してすぐの、ある朝のことだった。

学校の前に停まっていたのは、ベンツにBMW、レクサスやフェラーリといった高級車たち。それらがずらりと並んでいる光景に、思わず声が出た。

車の持ち主たちは、至ってシンプルだが洗練された服を身にまとっていて、見るからに“お金持ち”といった風貌。

彼らが自分と同級生だと知ったときのやるせなさは、今でも覚えている。

「拓。私立の医大に入ったら、同級生と生活レベルが合わなくて苦労するわよ」

母親の心配は、ずばり的中してしまったのだった。

しかし俺は、セレブな友人たちとすぐに打ち解けた。185cmという高身長に韓流スター顔負けのルックス、さらに地頭の良さが武器になったのだ。

一方で、彼らと住む世界が違いすぎることに戸惑ったりもした。

有名別荘地には当然のようにセカンドハウスを持ち、西麻布では連日派手に飲む。そしてグルメ会と称し、1人何万もするディナーを頻繁に楽しんでいる。

― 俺も、この世界に溶け込みたい。

医者になることと同じくらいその願望が日に日に強くなっていた、ある夜のことだった。

参加していた飲み会で、1人の女に声をかけられたのだ。

彼女こそ、運命を変える女だった

「顔、すっごくかっこいいね♡」

その女は百合子といい、歳は7つ上。

「実家は横浜で有名なクリニックを経営している」ということを知ったのはこの少しあとだったが、一目見たときから、お嬢様特有の華やかで余裕のある雰囲気があった。

「ねえ、今度デートしよう。本当に顔がタイプなの!」

百合子にストレートに誘われて、悪い気はしなかった。女には困っていなかったが、お嬢様とだったらデートしてもいい。

そのとき、セレブの友人がこっそり教えてくれた。

「おい、拓。百合子さんはワガママだけど今フリーらしいし、一人娘だぜ?」

― ヒトリムスメ、か。

裕福でない自分にとって『ヒトリムスメ』はつまり『チャンス』なのだ。



そして迎えた、デート当日。百合子はベンツSLのオープンカーで、アパートまで迎えに来てくれた。

身に着けていた真っ赤なワンピースはよく似合っていたが、その装いから確かにワガママそうだと感じた。

…ところが、案外思いやりのある女だったのだ。

「那須でランチ予約してあるから!あ、どっちがいい?」

そう言って百合子は、500mlペットボトルのお茶を2種類、差し出してきたのである。

ワガママで派手だけど、配慮もできる。そんな百合子を「手に入れたい」と思うようになるまで、時間はかからなかった。


「部屋に行ってもいい?」

その日のデート終わりに、ストレートに誘った。そして当時百合子が借りていた広尾のマンションで、関係が始まったのだ。

「好きだよ、百合子」

翌朝から、朝のコーヒーを欠かさず入れるようにした。どんなに忙しくてイライラしていようが 「君は大切な人だよ」の意味を込め、丁寧にドリップした。

その「大切な人」がバックグラウンド目当てなことに、賢い百合子は気づいていたはずだ。

そんな彼女との交際は順調に進み、1年と10ヶ月目には子どもを授かった。計画通り、俺は百合子の名字になったのだ。

「あら、若くてかっこいい人で。…百合ちゃん良かったわね」
「いずれうちの病院を継いでくれるよな?」

彼女の両親には怒られるかなと一瞬構えたが、義母の言葉には拍子抜けし、義父からの言葉は思惑通りだった。

百合子「年下でイケメンな医者の卵だから、悪くないなと思ってたけど…」


― かっこいいなあ、拓の横顔。

毎朝必ずコーヒーを入れてくれる拓の横顔を見るたびに思うのは、シンプルに“彼の顔”に対する感想だ。

「いい?百合ちゃん。かっこいい男性と結婚しなさいね。イケメンだったら何があっても許せるから」

口癖のようにそう言っていた母の気持ちが、今ならよくわかる。父の外見がもっとよかったら、度重なる浮気を許せたと遠回しに伝えたかったのだろう。

母は私が高校へ入学する前に、実家が投資用に所有していた恵比寿のマンションで別居し始めた。

『祖父の代から続く開業医で、母は元・モデルという恵まれた家庭の幸せな子』

中高を横浜にある女子校で過ごした私は、同級生からそう言ってはよく羨ましがられていた。しかしその実情はひどく、父は浮気し放題、おそらく母は別に恋人がいたようだ。

だから経済的には一切の不自由はなかったが、いつだって虚しい青春時代を過ごしてきた。

…そんな暗い気持ちで生きてきた私は、ある日彼と出会ってしまったのだ。

“逆玉”を狙う拓に出会った、百合子の本音は…?

西麻布で行われたある飲み会で、私は拓と出会った。

最初はただただ顔がタイプで、なおかつ“実家を継いでくれそうな医者の卵”だったから、付き合うにはちょうどいいなと思っていたのだ。

両親を見ていて、愛情というものに希望を持てなくなっていた私は、無意識に「自分にとって都合のいい男性」を求めていたのだ。

しかし拓は、ちゃんと私に愛を伝えてくれる。いつしか本気で彼のことを好きになってしまった。

そして幸せの絶頂のうちに、授かり婚。両親とは違う、幸福なゴールを決められたと思っていた。

でも優しい彼は、結婚と同時に消えてしまったのだ。

帰宅時間はいつも深夜。2人で過ごす時間もほとんどなく、こちらが話しかけても上の空でいることが多い。

そしてついに昨日、拓と口論になった。

「拓ってさ、結婚した途端に冷たくなったよね。…もし私の家がクリニックじゃなかったら、結婚してた?」


「どうして、そんなこと言うの?」

拓は穏やかな口調でそう言うけれど、私は気づいてしまったのだ。彼がこっそり、医大生の女と付き合っていることを。

昨夜、拓が寝ている隙にLINEをチェックした。すると完全にクロと思われるメッセージを見つけたのだ。

なんで“拓の悪事”を知っていながら、離婚しないのか。…その理由は、ただひとつ。

彼のことが大好きで、手放したくないから。

単純に顔が好みなのと、まだ少なからず愛情表現もしてくれる。でもそれ以上に彼のハングリー精神を、純粋に尊敬しているのだ。

私のような恵まれた女にはない、その精神。これまで付き合ってきた「ご子息」と呼ばれる男たちにも、それだけはなかった。皆どこか、親に甘えていたからだ。

一方で潤沢なお金や権力など何もない、庶民育ちの拓はどうだろう。

親の後ろ盾なんて何もなく「成り上がりたい」という思いを持ち、私に近づいてきて結婚までした。そのたくましさを心の底から尊敬しているので、今後も別れる気などない。

どんなに女遊びを繰り返そうが、それは向こうも同じだろう。この病院の跡取りとならなければ、成り上がることは不可能だから。

それに病院経営を拓がメインでやってくれると、私もラクなのだ。彼に一生懸命働いてもらって、私は優雅に子育て。たまにクリニックを手伝う程度。

お金にも仕事にも困らず、好みの顔である夫とその子どもが、ずっと側にいてくれる。…これって、なんて幸せなことだろう。

私は、両親に買い与えられた億ションのリビングで、フフッと口角を上げて微笑む。

すべてを割り切って“逆・玉の輿狙い”での結婚を受け入れた私って、最強だなあと思った。


▶他にも:30億稼ぐ投資家の自宅に誘われて行ったら…。ドアを開けた瞬間に見てしまった、まさかの光景

▶Next:7月22日 木曜更新予定
父子家庭で育った男の戦略とは

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/15 5:04
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます