“YouTuber31人宴会”ヘラヘラ三銃士、動画投稿再開 プロデュースのバーについても言及

【モデルプレス=2021/07/14】女性YouTuberグループ・ヘラヘラ三銃士が13日、YouTubeチャンネルを更新。動画の通常投稿を再開した。

◆ヘラヘラ三銃士、動画投稿再開

メンバーであるさおりんが先月に緊急事態宣言下の都内飲食店にて開催された31名のYouTuberによる宴会に参加したことを報じられ、YouTubeにて謝罪を行っていた同グループ。

報道直後に投稿した、さおりんによる「炎上パンチ」の歌唱動画はネット上で物議を醸し、企画したというありしゃんは謝罪したとともに動画収益200万円を寄付したことを報告。その後、再びメンバー全員での謝罪の動画を投稿し一連の騒動について詫びていた。

通常投稿再開1本目となる今回の動画ではグループのADを務める影井ひろ樹の家を訪問し、メンバー3人で部屋の掃除を実施。動画の終盤で、ありしゃんは「ここから動画を撮っていって、がっかりさせちゃったファンの人に信頼を取り戻せるようにたくさんあげていくのでよろしくお願いいたします」と視聴者に呼びかけた。

概要欄では「本日から投稿を再開させていただきます。初心に戻り、視聴者の皆さんが心から楽しめる動画を作れるようにチームヘラヘラ一丸となって頑張っていきます。これからもヘラヘラ三銃士をよろしくお願いします」とメッセージを記した。

◆ヘラヘラ三銃士、プロデュースのバーに言及

また、9日に更新したYouTubeにて、まりながプロデューサーを務めていたバー「MTG」のプロデュース業を辞退することを発表していた同グループ。概要欄では「私たちはプロデューサーという形では無くなりましたが MTGが無くなってしまったと言うわけではありませんのでご安心してください」とつづり「どうかMTGを今後ともよろしくお願いします」と呼びかけた。

これに関し、まりなはTwitter上でコメント。「『まりなちゃんが可哀想』ってめっちゃ来てるけど、正直可哀想って言わないで欲しい」と訴え「3人で話し合って決めた事だし3人で1つだと思ってる!夜露死苦」と思いを明かした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/14 11:26
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます