明日海りお、母直伝の炊き込みご飯作り!

拡大画像を見る

元宝塚歌劇団花組トップスター・明日海りおの初冠番組『明日海りおのアトリエ』(全8回/毎週土曜1エピソードずつ配信)の最終回「思い出料理を作る」が配信中。

今回はなんと明日海が、幼い頃によく食べた「母の手作り炊き込みご飯」を、自らの手で作る。撮影合間も「今回の収録のために、実家の母にレシピを教えてもらったんです。母にお願いしたら『いつも分量なんて測らないから大変!』と慌てていましたが(笑)、ノートにいっぱい、作り方のポイントも書いてくれたんですよ。ありがたかったです」と、感謝の言葉を口にしていた明日海。そんな母のぬくもりに満ちたレシピ、そして番組で以前購入した土鍋を使って、炊き込みご飯作りはスタート。満面の笑顔で「私としては完璧です!」と断言する、世にも美味しい炊き込みご飯を作り上げる。

久々に思い出の味を堪能した明日海。収録後も懐かしさで胸がいっぱいだったようで、「実家の田舎暮らしから一転、都会で一人暮らしをしていると、母の炊き込みご飯をたびたび思い出します」とニッコリ。「例えば、ストレスが溜まっている時に一人で食事をしていると、感覚が分からなくなって、ものすごい量を食べちゃったり、逆にお箸が進まなかったり……。そうした時にふと『実家で暮らしていた時みたいに、野菜もお肉もお米もバランスよく、ちょうどいい量を食べたいなぁ』と思うんです」。

さらに、最近では母のありがたみも、しみじみと感じているのだとか。「丁寧に料理を作ってくれ、その後には食器も洗っていてくれたなんて……本当にスゴい! 子供の頃も今も、母に『何を食べたい?』と聞かれると、つい『何でもいい』と答えてしまうのですが、意味合いは違ってきていますね。今は『何でも食べたい。何が出てきても、うれしい』という意味で、そう答えている私がいるんです」と教えてくれた。

ちなみに、明日海自身は「冷蔵庫にあるもので適当に作るタイプなので、今は常に自信を持って出せる得意料理がない」というが、今回の収録を通して「母の炊き込みご飯のように、私も得意料理を作りたい」と思ったそう。「『これ!』というものが出来た時は、皆さんに披露しますね(笑)」と、今後が楽しみなメッセージも!

<第8回「思い出料理を作る」概要>
最終回となる今回は、明日海りおがアトリエで「思い出の料理」を作ることに。その料理とは、明日海が子供の頃によく食べていた「炊き込みご飯」。この企画のために母親から取り寄せたレシピをもとに、番組で以前買った土鍋を使って、思い出の味を再現する! また、明日海へのロングインタビューも敢行。SNSに寄せられた数多くの投稿を読んだ感想や、アトリエで学んだこと、今後の目標やファンの皆さんへのメッセージなど、明日海の今の思いをたっぷり聞き出していくことに。

関連リンク

  • 7/14 7:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます