「彼女の友達」と食事の席を共にするときのNG行動9パターン

付き合いが安定してきたカップルなら、彼女の友達を含むメンバーで食事に行く機会もあるでしょう。そんなとき、彼女に恥ずかしい思いをさせてしまうのは、いったいどんな行動なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『彼女の友達』と食事の席を共にするときのNG行動」をご紹介します。

【1】いちいち申告しなくてもよい「好き嫌いアピール」
「お子ちゃま感丸出しでカッコ悪い」(20代女性)という意見の通り、アレルギーなどを除く単なる好き嫌いは、いい大人が堂々とアピールするようなことではなさそうです。苦手な食材が出てきたら、そっと選り分けるなど目立たないように処理しましょう。

【2】場の空気にそぐわない「過剰な大食い」
「焼き肉店とかならともかく、おしゃれなカフェで『大盛りで』と言われて赤面…」(10代女性)など、人目を気にしない「食事量」も歓迎されない場合があるようです。大食漢の男性にとって、女性が選ぶ店は量的に物足りないこともあるので、空腹なら事前に腹ごしらえをしておくのもアリでしょう。

【3】彼女なら我慢できても他人は不快なだけの「クチャラー」
「女子ウケが悪いのは分かり切ってるし、品性下劣に見える」(20代女性)というように、基本的な食事のマナーがなっていないと、彼女の肩身が狭いばかりか、あなたの人物評価が下がってしまいそうです。彼女に恥をかかせないためにも、最低限のエチケットを身につけたいところです。

【4】知識もないのにグルメを気取る「メニュー批判」
「下ごしらえがどうの塩の量がどうの言われたら、場がしらけてしまうから」(20代女性)というように、料理にケチを付けるような言動は、周囲の空気も悪くするおそれがあります。まして店を決めたのが友達なら、彼女の面目も丸潰れになるので注意しましょう。

【5】見ているだけでも不快な「店員への横柄な態度」
「店員さんにタメ語とか、すぐクレームをつけるとか…。ヤカラっぽくてみっともない」(20代女性)というように、スタッフに対する偉そうな振る舞いは、誰が見ても気持ちのいいものではありません。彼女の友達の前でだけ取り繕うのではなく、普段から丁寧な態度を心がけましょう。

【6】二人きりのときと変わらない「イチャイチャした接し方」
「友達の前でも平気で『あーん』とかしてくるの、ほんとやめてほしい!」(20代女性)というように、彼氏の「仲良しアピール」に抵抗感を覚える女性もいます。特に彼女がクールなタイプなら、友達の前では一線を引くよう心がけたほうがよさそうです。

【7】大人としての良識を問われる「酔っ払い過ぎ」
「楽しいのはいいけど、ベロベロになるまで飲むってどうなの?と思います」(20代女性)というように、飲み過ぎ・酔い過ぎは周囲に迷惑をかける可能性が高そうです。酔った男性を女性が介抱するのは大変なので、節度を持って飲みましょう。

【8】セコい上に身勝手で引く「一人分の割引クーポン使用」
「二人のときでもイラッとするのに、友達の前で『俺ドリンク無料ね』とか言われたら、恥ずかしくて逃げ出したくなる」(10代女性)というように、自分だけ得をしようとする姿勢はひんしゅくを買いそうです。クーポンを使用するなら、全員にメリットのあるものが鉄則でしょう。

【9】細か過ぎて絶句されそうな「1円単位のワリカン」
「几帳面な性格は知ってるけど、男がそこまですると普通は引くと思うから」(20代女性)というように、男性におおらかさを求める女性は多いので、細か過ぎるのは微妙かもしれません。「端数は俺が出すよ」と言えば、頼もしく見えて、彼女の顔も立つでしょう。

彼女が「友達の前ではやめてほしい」と思う行動の中には、「二人きりなら気にならない」ものと、「普段もイヤだけど仕方なく許している」ものとがあるようです。これを機会に、デートのときの言動も見直してみてはいかがでしょうか。(さのちあき/Office Ti+)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/13 17:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます