ソシエダ、ブライトンから豪州代表GKライアンを獲得…昨季はアーセナルでもプレー

拡大画像を見る

 レアル・ソシエダは12日、ブライトンからオーストラリア代表GKマシュー・ライアンを獲得したことを公式サイトで発表した。

 1992年生まれで現在29歳のライアンは、クラブ・ブルージュやヘンクなどでのプレーを経て、2017年夏にバレンシアからブライトンへ完全移籍。ブライトンでは公式戦通算123試合に出場すると、3シーズン連続のプレミアリーグ残留に貢献した。しかし昨年末からクラブでの守護神の座を失うと、後半戦からは幼少期からのファンだったと公言するアーセナルへレンタル移籍を決断し、控えを定位置としながらも半年間所属した。

 ライアンはバレンシア時代以来となるリーガへの復帰に際し、「一生懸命がんばるし、チームでプレーし始めるのが待ちきれないよ」と期待を口にしている。なお、ライアンの新たな背番号は「13」となることも決まっている。

関連リンク

  • 7/13 10:36
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます