ラップの切り口が見つからない!そんなときの裏技

拡大画像を見る

 普段の生活の中で、ちょっとしたことなんだけれど、どうしてもうまくいかず“イラッ”とすることってありませんか? そんなシーンの中、よくあるのが「ラップの切り口が見つからない……」こと。実は、簡単に見つける方法があるんです。

■輪ゴムを巻いてひねる

 警視庁の公式サイトで紹介されており、Twitterでも発信されたこの方法。輪ゴムをラップの端に巻いて、手で2~3回ひねると切り口が現れるとか。

■小麦粉をまぶす

 ラップのロールごと箱から出して、小麦粉でまぶします。すると、小麦粉の粉の細かさで、切り口が見えてくるようです。

■スポンジでこする

 スポンジでラップの表面をこすることで、切り口が浮かび上がってくるという方法も。コツが要りそうですが、これもぜひ試してみましょう。

 ラップの切り口が見つかったら、慎重にはがして二度と見失わないようにしましょうね。

関連リンク

  • 7/13 7:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます