U24日本代表、ホンジュラスに3得点勝利…堂安が2発、東京五輪に向けて弾み

拡大画像を見る

 12日、キリンチャレンジカップ2021でU-24日本代表とU-24ホンジュラス代表が対戦した。

 東京オリンピックまで残すところ10日。メンバー発表も行われ合宿をスタートさせている日本にとっては重要な試金石となる一戦にはオーバーエイジ(OA)のDF吉田麻也、DF酒井宏樹、MF遠藤航の3選手やMF堂安律、MF久保建英などといった選手が先発出場を果たした。

 試合は日本が主導権を握る展開に。最初のチャンスはその日本に訪れた。3分、左サイドからのCKに酒井が頭で合わせるが惜しくも枠をそれる。12分には決定機を迎えた。堂安、林大地と展開し久保にパスを送ると、その久保がクロスを供給。走りこんだ三好康児が合わせシュートを放つ。しかしこれは惜しくもポストを叩き均衡を破ることはできない。

 続く13分、ついに日本が先制に成功した。やや右で獲得したFKを久保が蹴ると吉田麻也がうまく足で合わせあっさりとネットを揺らす。



 このゴールでリードを手にした日本はボールを保持し相手陣内でプレーする時間を増やす。すると前半終了間際の40分、日本が追加点を挙げた。冨安健洋がボール奪取から左サイドを駆け上がりエリア内にグラウンダーのクロスを送ると三好がスルーし、林が相手を背負ってポストプレー。丁寧なパスを受けた堂安が右足を振りぬき、左隅を射抜いた。



 2点のビハインドで迎えた後半、ホンジュラスは一気に5枚替えで巻き返しを図る。

 次にネットを揺らしたのはホンジュラスだった。66分、奪ったホンジュラスがパスを繋ぎリバスがシュート。谷晃生が触るもゴール前に詰めて守っていた冨安はかきだせず、オウンゴールとなりホンジュラスがリードを縮めた。



 その後も日本は攻撃の手を緩めず、85分に追加点をあげた。前田大然、遠藤、相馬勇紀のパスワークで左サイドを崩しクロスを供給。走りこんだ堂安が滑りながら押し込み突き放す3点目をもたらした。



 その後スコアは動くことなく、そのまま試合終了。3-1で勝利したU-24日本代表は、東京オリンピックに向けて上々のスタートとなった。

【スコア】
U-24日本代表 3-1 U-24ホンジュラス代表

【得点者】
1-0 13分 吉田麻也(U-24日本代表)
2-0 40分 堂安律(U-24日本代表)
2-1 66分 オウンゴール/冨安健洋(U-24ホンジュラス代表)
3-1 85分 堂安律(U-24日本代表)

関連リンク

  • 7/12 21:31
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます