アプローチしたつもりだけど...女性からランチに誘われた男性はどう感じている?

拡大画像を見る


気になる男性に対するアプローチとして、急に二人飲みや休日デートに誘うにはハードルが高いものです。そのため、とりあえずはランチに誘って様子を見ようと考える女性が多いのも当然のことでしょう。
しかしながら、実は女性が思っているほどランチに誘うことはアプローチにならない可能性があります。女性からランチに誘われると男性はどのように感じるのか、男性心理を解説していきます。


奢らされそう

人にもよりますが、一般的にはランチでそこまで高価なものを食べる人はいないでしょう。そのため相手に対して軽い気持ちで奢ってほしいという人もいます。そういう女性に今まで利用された過去がある男性は、女性からランチに誘われた時点で「奢らされるかもしれない」と警戒してしまうようです。普段からそれほど親しくないのに急にランチに誘うと、女性側のアプローチは逆効果になる可能性があるでしょう。


ゆっくり食べたい

誰かとランチを食べる時、黙って食べるだけということはありません。雑談をしながら話すことが多いでしょう。しかしながら、仕事中の休憩時間は貴重なものです。それを誰かとの雑談で潰されると嫌な思いをする男性も多いようです。普段から積極的に雑談に混ざらないタイプの男性にアプローチのつもりでランチに誘っても、相手は迷惑に思ってしまう恐れもあるので注意が必要です。


脈ありかも!?

もちろん全ての男性がランチに誘ってきた女性に対して、嫌な気持ちを抱くわけではありません。中には、ランチに誘われたなら脈ありの可能性が高いとアプローチを受け入れてくれる男性もいるでしょう。後日、男性からも積極的にランチに誘われる場合、相手もあなたに対してアプローチをしている可能性が高いので、もう少し距離を縮めてみてもいいかもしれませんよ。


ランチくらいだとアプローチとしては不十分かも?

女性としては必死に勇気を振り絞ってランチに誘っているかもしれませんが、実はそのアプローチは不十分で通じない可能性も高いものです。場合によっては逆効果になる可能性もあるので、何度ランチに誘っても手ごたえがない場合はアプローチ方法を変えてみた方がいいかもしれませんよ。
(土井春香/ライター)(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/12 20:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます