勘違い男&自己保身女を成敗!『プロミシング・ヤング・ウーマン』復讐シーン映像解禁

 第93回アカデミー賞にて脚本賞を受賞したキャリー・マリガン主演映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』より、ヒロインの痛快な復讐劇の一端を収めた2種の本編映像が解禁された。

 本作は、ある事件によって理不尽に未来を奪われた、“前途有望な若い女性”だったヒロインによる復讐(ふくしゅう)エンターテインメント。監督を務めたのは、ロマンチック・コメディーと復讐劇を融合させた独創的な自身の脚本で長編デビューを飾ったエメラルド・フェネル。

 30歳を目前にしたキャシー(キャリー)は、ある事件によって医大を中退し、カフェの店員として平凡な毎日を送る一方、夜ごとバーやクラブにひとりで繰り出し、泥酔したふりをして、自らに課したミッションを遂行していた。ある日、大学時代のクラスメートで現在は小児科医となったライアン(ボー・バーナム)がカフェを訪れる。この偶然の再会こそが、キャシーに恋心を目覚めさせ、同時に地獄のような悪夢へと連れ戻す。そして、キャシーの親友の未来を奪った悲惨な事件に関わったすべての者への復讐心をも覚醒させることに…。

 今回解禁されたのは、本作の醍醐味であるキャシーの復讐劇を垣間見ることができる、「ミッション1:夜の泥酔勘違いオトコ成敗編」「ミッション2:自己保身オンナ成敗編」と題した2本の本編映像。

 「ミッション1:夜の泥酔勘違いオトコ成敗編」では、部屋にまんまと連れ込んだキャシーが泥酔しているフリから一転、全くのシラフだと分かり震えおののく自称ナイスガイの哀れな姿が映し出されている。「俺いい奴だ。心が通じたろ?」と取り繕う自称ナイスガイに、キャシーは「心が通じた?私の仕事は?私は何歳?この街に住んで何年?趣味は何?私の名前は?」と尋問。相手は何も答えられず言葉を失う。職業や年齢、名前すら知らない女を平気で家に連れ込む輩に制裁を下す痛快なシーンだ。

 「ミッション2:自己保身オンナ成敗編」で映し出されるのは、キャシーがかつての同級生マディソンを問いただす場面。キャシーが「あの事件は覚えてる?」と彼女の復讐劇のきっかけとなった出来事に触れると、一気に顔色が変わるマディソン。目を泳がせながら、「ずっと前のことだし」などと言い訳を並べ立てるマディソンに、キャシーは「覚えてるね?考えたことない?」「もしも今、友達があなたの家に来て、ひどいことが起きたと言ったらなんて言う?」「大げさに騒ぐ女だとあきれた顔で無視?」と詰問。事件当時のマディソンの対応を容赦なく責めていく。

 同映像で、暴力を用いず言葉巧みに敵を成敗していくキャシーの姿は、まるで令和版“必殺仕置人”とも呼べそうな痛快さに満ちあふれている。果たして彼女の壮大なミッションは無事完遂となるのか。最後まで観客の予想の斜め上をいく、かつてない復讐劇の行方に注目が集まる。

 映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』は、7月16日より全国公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/12 16:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます