神田うの、3度流産していた「結局1人しか産めなくてごめんねと思った時も」

【モデルプレス=2021/07/12】タレントの神田うのが12日、自身のInstagramを更新。3度流産をしていたことを明かした。

◆神田うの、3度流産していた

神田の父が76歳の誕生日を迎えたことを報告し「『2人の可愛い孫娘に囲まれてグランパ幸せだね』って母が父に言っている姿を見て、こちらも幸せな気持ちになりました」とつづった神田。

「私は娘の後3度の流産をし結局1人しか産めなくてごめんねと思った時もありました」と今までに3度流産した経験があることを告白し「多くを望まず、今ある全てに感謝し、幸せを感じられる心を持つ両親の姿を見て、私もそうありたいなと思いました」と明かした。

◆神田うの、過去に2度の流産告白

2007年に結婚し、2011年に長女を出産した神田。

2019年に出演したテレビ番組で、過去に2度の流産経験があることを明かしていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/12 13:24
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます