人妻・ガッキー争奪戦が激化!NHKが『大河』『紅白』で星野源との夫婦共演をラブコール

 実現すれば、大きな目玉となるのは確実だが……。

 NHKが、星野源と新垣結衣の夫婦共演一番乗りに躍起になっているという。

「新垣は先日最終回を迎えた『ドラゴン桜』(TBS系)に結婚後ドラマ初出演を果たし、話題を呼びましたが、これは前作で生徒役だったことによる特別出演。本格的なドラマは、ヒロインを務める2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』となります。実は、その大河では結婚前からナレーションを星野が務めることで内定していたといいます。しかし、『売名嫌い』で知られる脚本家の三谷幸喜氏が難色を示し、ドラマにも出演する鈴木京香に差し替えられる可能性が高いようです」(芸能関係者)

 それならばと、NHKが期待しているのが大みそかの『紅白歌合戦』での夫婦共演。テレビ関係者が語る。

「16年の紅白では新垣が審査員を務め、星野がドラマ『逃げるは恥だが役にたつ』(TBS系)のエンディング曲『恋』を歌うという共演がありました。大河ドラマの主要キャストは紅白で審査員を務めることも多く、新垣はすでに内定済み。一方の星野も、紅白ではすっかりお馴染みとなった『おげんさんといっしょ』枠でアーティストとして出演が見込まれています。夫婦の絡みが見られるタイミングはここでしょうね」

 新垣に関しては、日テレとTBSが民放初主演ドラマを巡って、綱引きをしているところとの報道もある。

「人妻・ガッキー」争奪戦はますます激化しそうだ。

  • 7/12 8:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます