キエッリーニがEURO制覇の喜びを噛み締める「夢が叶った。本当に信じられない」

拡大画像を見る

 イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニは、母国に53年ぶりの欧州王者のタイトルをもたらしたイングランド戦を終えてコメントした。11日、UEFAが公式サイトで伝えている。

 11日にイングランドのウェンブリー・スタジアムで開催されたEURO2020の決勝戦は、開始早々の2分にイングランドが先制するも、後半にイタリアがレオナルド・ボヌッチのゴールで追いつき、そのまま1-1のスコアで延長戦へと突入する。すると120分でも決着の付かなかったゲームはPK戦へと入り、3人連続で失敗したイングランドを相手にイタリアが勝利して、53年ぶり2度目のEUROのタイトルを獲得した。

 チームの主将を務めるキエッリーニは、均衡した戦いをモノにして母国にタイトルをもたらした喜びを、このような言葉で表現した。

「僕らは何としてもこのタイトルを欲していて、歴史を作ったんだ。僕らがヨーロッパの王者だ。僕らはとてつもなく幸せだし、明日すべてのイタリア国民と祝うことができるのを待ちきれないよ」

「タフな試合だった。僕らは考えうるなかで最悪な形でスタートしてしまった。僕らにとっては難しく、会場のファンもみんなイングランドにすべてのエネルギーを与えていたね。でも僕らは静かで冷静で、それが大切なことだった。そうしてようやくプレーを始めたんだ」

「ハーフタイムに話し、正確なパスを通して正確なシュートを放たないといけないと言った。僕らはゲームをコントロールしないといけなかったし、それが僕らの勝ち方なんだ」

 そして、手にしたEUROの優勝メダルに関しては、「歴史だ。夢が叶った。本当に信じられないよ」とその喜びを噛み締めた。

関連リンク

  • 7/12 9:44
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます