どういうこと?告白の返事が「考えさせて」の場合の男性心理とは?

拡大画像を見る


頑張って告白して返事を聞く時「YES」か「NO」という返事が来るものだと思うでしょう。そのため、その時男性に「考えさせて」と言われると、どのような意図があるのか分からず混乱してしまうのも当然のことです。
告白の返事を考えさせてほしいという男性は、どういう意図があるのでしょうか。男性心理を分析してみましょう。


①戸惑っている

今まで普通に仲の良い友達あるいは同僚として接していた場合、急に告白されて戸惑い考えさせてとしか答えられないというケースが最も多いと言われています、女性側が上手に気持ちを隠して片想いをし、告白をすると男性としてはビックリしてしまうようです。
考えさせてと言われても、待っていれば誠実な返答をくれる男性が多いので、あまり急かさず待っていても良いでしょう。


②とりあえずキープ

不誠実な男性の中には、キープ扱いにするために考えさせてと返答する人もいます。「今は仕事が忙しいけど、落ち着いたら彼女がほしい」と思っていて、時間稼ぎのために考えさせてという人もいるでしょう。あるいは同時進行で良い雰囲気の女性がいて、その人に対してもう少しアプローチしたいから考えさせてほしいということもあります。
明確に期限などを言わずに考えさせてほしいという男性にはキープ扱いされている恐れがあるので注意してください。


③力関係を作っている

駆け引きが好きな男性は、考えさせてほしいということで力関係を作ろうとするケースもあります。答えは「YES」に決まっているのに「頼まれて付き合ってあげた」という事実を作り、付き合った後に自分が優位になるために考えさせてほしいと言って時間を稼ぐのです。
返事をするふりをしながら思わせぶりな態度をとることもあるので、そういう男性はしっかり見抜くようにしましょう。


「考えさせて」と言われたら、期限を決めて待とう!

「考えさせて」と言われた場合、男性にどんな意図があっても「いや、この場で返事をして!」と言うことはできないでしょう。そのため、自分の中で期限を決めて男性の返事を待つようにしましょう。
自分で決めた期限になっても返事がもらえないなら、一度男性を急かしてみるのも良いかもしれませんよ。(土井春香/ライター)(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/10 21:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます