「傘をすごいと思う日が来るとは…」 京都で撮影した1枚が、最高すぎた

拡大画像を見る

梅雨の時期は湿気が多く、どこか憂うつな気分になりがちですよね。

沈んだ心が晴れやかになりそうな作品をご紹介します。

京都のアンブレラスカイ

2021年7月に、京都府京都市にある北大路ビブレを訪れた、写真家の三谷ユカリ(@mitsuyuka_lp)さん。

北大路ビブレでは、上空に約300本の傘を飾る『アンブレラスカイ』の催しが行われていました。

三谷さんが撮影した光景がこちらです。

天に昇っていくかのように、建物の上空に飾られた、色とりどりの傘。

一つひとつの傘に光が差し込む様が美しく、見ていると心が洗われます。

作品はTwitterで拡散され、18万件を超える『いいね』を集めました。

・素敵!元気が出る。

・素晴らしいセンスだなあ。透明感がハンパない。

・見惚れた。傘を「すごい」と思う日が来るとは…。

傘は雨の日のアイテムというイメージですが、こんな風に飾られていたら、アートのようにも見えますね。

三谷さんの作品は、たくさんの人を明るい気持ちにさせたことでしょう。

[文・構成/grape編集部]

出典 @mitsuyuka_lp

関連リンク

  • 7/10 14:11
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます